今日はひな祭り!GoogleもDoodleでひな祭りになっていました。

GoogleもDoodleでひな祭り

今日は、ひな祭り以外にも、耳の日でもありこんな記事が気になりました。
「音楽は1日1時間まで」とWHOが警告する理由とその対処法とは?

イヤフォンによる音楽は1日1時間までとWHOが警告

イヤフォン・ヘッドフォンによる音楽は1日1時間までとWHOが警告

私もイヤフォンなどで音楽を聞きますが、音を大きくしすぎると
聴力が低下する原因となる様です。

中には聴力を失う人も居て、
そんな問題を調査していた世界保健機関(WHO)が音楽を聞くのは1日に1時間まで
と呼びかけています。

「大音量」の音を「長時間」時間聴くことが聴力を失うのに影響しています。

病名では騒音性難聴と言い、老人性難聴と同じく
聴力が回復する事は無いと言われています。

回復しないので予防が大事です。

聴力を失わない為に注意する事

イヤフォンやヘッドホンで音楽を聞く場合は1日1時間

電車などだと、回りの音が大きいので音量も大きくなってしまうと思います。
そんな時は、ノイズキャンセル機能付のイヤフォンだと
より小さな音量で聴く事が出来ます。

スピーカーなら、75dB以下に抑えれば時間制限は無しでも良いと思います。

75デシベル以上の騒音を常に聴かない

ロック・コンサートの大音量だと115dBとなり、安全な音楽試聴時間がなんと
28秒!

なので、場合によっては耳栓や、会場を一時離れて耳を休めるなどの
対策が有効だと思います。

ちなみに75dBは掃除機の騒音の音の大きさだそうです。
WHOの図を見てもUNLIMITEDとなっているので耳に影響を与えない
音の大きさの様です。

安全な音楽試聴時間の目安

この表見ると、車の中の騒音は85dBで安全な時間は8時間
MP3プレイヤーの最大音量は105dBで4分
ロックなど大音量のコンサートは115dBで28秒
南アフリカワールドカップの時うるさかったブブゼラは9秒となっています。
【参考】WHO | Make Listening Safe

あとがき

最近、家ではティッシュ箱スピーカーを使っているのでイヤフォンは
あまり使いません。

また、iPhoneなどで普段音楽を聞く時の音量の目安として、
各オーディオ機器の最大音量の60%だそうです。