世界一受けたい授業でやってた悪玉LDLと善玉HDLの関係

今日、イモトが出ていたのでたまたま見た世界一受けたい授業。
眼力アップなど面白かったのですが、一番興味あったのはコレステロールの授業。

@eaxjpもホルモンが不足する難病もありコレステロールを下げる薬を処方されています。
なので今回は気になったので記事にしました。

悪玉LDLと善玉HDLの違い

これは一番、なるほど!と思いました。

コレステロール自体は人間には無くてはならないモノで
細胞壁や一部ホルモン(ステロイド・性ホルモンなど)につかわれるみたいです。
【参考】コレステロール – Wikipedia

この悪玉コレステロールと善玉コレステロールは同じモノで
コレステロールは行く先によって名前が変わるそうです。

肝臓から出るLDLコレステロール

肝臓から体に放出されるのが悪玉と言われるLDLコレステロール。

悪玉と言われる理由は、
多く出ると一部が血管の壁に付いてプラークとなり動脈硬化を引き起こしたり
血管をつまらせてしまうからの様です。

肝臓に戻るHDLコレステロール

体で使い切れなかったコレステロールが肝臓に戻りますが
この戻ってくるコレステロールの事はHDLコレステロールです。

善玉の理由は
肝臓に戻る時に、血管の壁についている余分なコレステロールを
取ってくれるからです。

基準値以内でも要注意なLDLとHDL・LH比

愛知県の基準ではHDLが40~96、LDLが140未満となっています。

この基準値以内であれば良いと思いましたが
実は危険な場合があるそうです。

それは、
「LDL ÷ HDL」で計算して数値が2.0以上であれば危険と言われています。

例えば、とある日の採血結果から
HDLは63 LDLは103なので
103 ÷ 63 = 1.63
となります。

最近の採血結果を見るとこのLDH/HDL比が記載されています。

LDLコレステロール/HDLコレステロール比が記載されている採血結果

1.5以下であれば健康な様ですが、1.5を超えているので
多少不健康なのかもしれません。

2以上だと動脈硬化の可能性が高い様なので、
対策をした方が良い様です。
【参考】「LH比」を目安にコレステロールを見直す | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア

何故、2以上だと危険かと言うと
肝臓から悪玉として血管を通して体をめぐり
善玉として体から血管を通して肝臓に戻って着ます。

なので、基本的には肝臓から出たコレステロールは多少なりとも体に
消費されるのでHDLの方が少なくなります。

しかし、HDLに比べて、LDLが高すぎると体では無く血管にプラークとして
付いて肝臓に帰ってこないのでは無いかと考えられている様です。

悪玉コレステロール(LDL)を下げる運動と食品

世界一受けたい授業ではウォーキングをコレステロールを下げるのに
効果のある運動として紹介されていました。

30分程度のウォーキングをすると良い様です。
逆に運動不足はLDLを上げる要員になる様なので注意しましょう。

食品では豆腐が紹介されていました。
1日に半丁ほどで良いそうです。

豆腐にはレシチンやイソフラボンなどコレステロールを下げる効果のある
成分が含まれている様です。

世界一受けたい授業ではプランク体操と言う体操もやってました。
文字で説明するのは難しいのでツィートを置いておきます。

世界一受けたい授業でやっていたのは1番目のみです。

あとがき

LDLが高く、動脈硬化が進んだり血管内にプラークが溜まると
血管が詰まりやすくなり、脳の血管が詰まると脳梗塞
心臓の血管が詰まると、心筋梗塞となります。

特に脳の病気は、後遺症を残すので家族などにも介護などの迷惑
が掛かってしまうかもしれません。

なので、健康診断などでLDLが高かったり、LH比が高い場合は
まずは簡単なウォーキングから始めてみるのも良いと思います。

ちなみに、私は上でも書きましたが
リピトール(アトルバスタチン)と言う脂質異常症治療薬の薬を飲んでいます。

でも、去年からリピトールから後発(ジェネリック)の
アトルバスタチン錠10mg「EE」に切り替わりました。

ジェネリックにすると薬価で1錠約47円も差が出る様です。
これが70日分なので3290円も薬価で変わってきます。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)