風邪や発熱の時の水分補給にはポカリとアクエリアスどっち?

風邪の発熱時やノロウイルスなどの胃腸風邪の時の水分補給
水だけよりはスポーツドリンクが良いと言われています。

ではポカリとアクエリアスどちらが良いのか?
いろいろと調べてみました。

風邪や発熱の時の水分補給にはポカリとアクエリアスどっちが良い?
from www.pakutaso.com

風邪の時にはこっち!ナトリウムが多く、砂糖が入ったポカリ

ポカリは元々飲む点滴として、開発がスタートした事もあり、風邪などの発熱時や
ノロウイルスなどの胃腸風邪の時の水分補給に良いです。

ポカリスエット

点滴では生理食塩水が注射や点滴の時に薬剤の希釈に使われたりします。
生理食塩水は人間の体液とほぼ等張の塩分を含む水、現在では処方箋が無いと買えない様です。

人間と浸透圧が同じなので粘膜に入っても刺激がなかっり、傷も染みない為
点鼻薬に使われたり(プールの水が鼻の入ると痛いのは浸透圧が違う為)、
怪我した時などに、病院で傷口を洗う時にも使われたりします。

ただ、水分の吸収を高めるため、他のスポーツドリンクに比べると
砂糖が多めですが、これは一番水分を吸収しやすい量なので、希釈するとダメの様です。

糖分が多いので夏場の水分補給にはポカリばかり飲むのではなく
ポカリとお茶など分けた方が良いと思います。

 参考・ポカリの原材料

砂糖、果糖ぶどう糖液糖、果汁、食塩、酸味料、香料、塩化K、乳酸Ca、調味料(アミノ酸)、塩化Mg、酸化防止剤(ビタミンC)

大塚製薬の経口補水液OS1

経口補水液は下痢・嘔吐。発熱による脱水症状の治療に用いられ、
食塩とブドウ糖を混合し、水に溶かしたものでOS1の原材料にも食塩と糖類がちゃんと入っています。
【参考】経口補水液

アクエリアスは疲労回復やダイエット時の水分補給に

アクエリアスは塩分が少なめらしく、人工甘味料が使われているので脱水症状の時の
水分補給にはポカリの方が良いです。

しかし、イソロイシン、 バリン、 ロイシンなどのアミノ酸が入っていたり
人工甘味料(スクラロース)が入っている為、低カロリーです。

なので、スポーツ時発汗時の水分補給、ダイエット時の水分補給には最適です。

アクエリアスの原材料

糖類(高果糖液糖、果糖)、はちみつ、塩化Na、ローヤルゼリー、海藻エキス、クエン酸、 香料、 クエン酸Na、 アルギニン、 塩化K、 塩化Mg、 乳酸Ca、酸化防止剤(ビタミンC)、 甘味料(スクラロース)、 イソロイシン、 バリン、 ロイシン

参考にしたサイト

ポカリスエットとアクエリアスどっちがいい?違いを比較 まとめ

【風邪】ポカリとアクエリアスの違いは? – NAVER まとめ

あとがき

胃腸風邪など脱水が酷い時はポカリよりもOS-1です。
【関連】脱水にはポカリよりもOS-1と医者が言っていた話
ナトリウム含有量が違います、味は薄いです。

最近、胃腸風邪でのアクセスが増えてきています。
インフルエンザの季節も近いので手洗いとうがいをしてしっかり予防しましょう。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)