特定疾患で申し込めるauのスマイルハート割引と注意点

 

特定疾患に認定された時は無かったのですが、
去年よりauのスマイルハート割引が特定疾患(難病)患者にも拡大したので
今日、手続きに行ってきました。

s-IMG_1135

 

auのスマイルハート割引

auのスマイルハート割引は1年更新。
途中での解除には契約解除料が発生し、契約解除料は3000円となります。
ただ、2004年2月以前に契約した場合は、1年目なら3000円、2年目なら1000円で
3年目以降は無料となるみたいです。

割引内容は、
基本料金、au同士の通話料・Cメール送信料、一般電話への通話料が50%割引
他社携帯・PHSへの通話料、SMS(Cメール)送信料は20%割引となります。

注意点

注意点としては、誰でも割が併用できないと言う点です。

割引になる基本料は誰でも割で半額になっているので、
スマイルハート割引に申し込んでも誰でも割がスマイルハートに切り替わるだけ
なので基本料金は変わりません。

必要な書類

特定疾患の場合は、特定疾患医療給付事業受給者票が必要です。
auのページには、印鑑とau携帯が必要と書いてありましたが、
ショップのテンキーに携帯番号と暗証番号を打ち込むのと
申し込み書にサインだけだったので特定疾患医療給付事業受給者票
以外は必要ありませんでした。
スマイルハート割引 | 料金・割引変更手続きのご案内 | au

もしかしたら、別のショップなどでは必要になるかもしれません。

まとめ

消費増税もあり、増税分を削ろうとスマイルハート割引に申し込んできましたが
誰でも割が併用不可なので、通話はあまりしない私にはあまり意味が
無いように感じます。

唯一のメリットは契約期間が2年から1年になった事。
ちなみに、3月に契約したので4月が更新月になるそうです。

通話の多い方は良いかもしれません。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)