先日、発表のあったiPhone 6
サイズは5Sより少し大きくなったiPhone 6とiPhone 6 Plusがあります。

やばい!iPhone 6 Plusがデカすぎる

まずはこちらのツィート

なんとコンビニなどで箱に入っているアルフォートとほぼ同じ大きさみたいです。 iPhone 6は5Sより一回り大きくなったのにiPhone 6 Plusはさらに大きくなって いるみたいです。

アルフォートとiPhone 4Sの比較

コンビニで買ってきたアルフォートと4Sの大きさを比較してみました。

iPhone6Plusとほぼ同じ大きさと言われているアルフォートとiPhone4Sの比較  

重ねてみると、かなり大きい! 指が届かないので電話としては使えない気がします。
第一、ポケットに入らないので私的にはダメです。

まとめ

早速、iPhone 6 Plus の購入宣言をした芸能人は居たみたいです。

購入宣言をしたのはカンニング竹山さん、すでに予約完了している模様。
予約したのはiPhone 6 Plus の白にした様です。

また、iPhone 6 Plusには画面を上の部分を下に下ろすことが出来る機能があるので
指が届かないと言う、問題は解決しそうです。

しかし、私的にはポケットに入らないのでダメ!
iPhoneを常に鞄にいれて持ち歩いている方は良いかもしれません。

iPhoneがこれ以上縦長になるとPCXに乗っている時に落としそうで怖いです。
仕事ではこんな乗り物に乗っているのでネックストラップを付けて、胸ポケットに入れています。
6 Plusにしたら胸ポケットが飛び出そうで邪魔になりそうです。

でも、6には気圧計やLTEの対応電波増、NFC対応など、機能も色々追加されています。

NFCはApple限定になるかもしれませんが、もしかしたらEdyなどの電子マネーでも
使える様になるかもしれません。

気圧計(高度計)はPICマイコンで作ったのでどうでも良いですが、
iPhone 7では大きさが5Sに戻る事を祈っておきます。