iPhone16Gの方は要注意!iOS8へのアップデートには5.8GBの空き容量が必要

今日の未明、2時頃にiOS8が解禁になりました。
3時ごろ起きてしまったので、iOS8にアップデートしようとしたら
アップデートボタンが無効になっていて、良くみると空き容量が足らないのが
原因でアップデートが出来ませんでした。

5.8ギガバイトの空き容量が必要なiOS8へのアップデート

5.8ギガバイトの空き容量が必要なiOS8へのアップデート

 

iOS8へのアップデートには5.8GBの空き容量が必要で
@eaxjpのiPhone5Sは3.3GBしか空き容量が無かったのでアップデート
出来ませんでした。

そこで、写真が1800枚近くあるので
写真をパソコンに転送、削除して空き容量を開けて
アップデートしました。

iPhoneの16GBモデルだと写真やアプリなどを入れていると
すぐ、10GBは使ってしまうので、
iOSのアップデートの度、空き容量を開けるのは面倒です。

iOS8の注目ポイント

注目ポイントは何と言ってもサードパーティキーボードが使える様になり
日本語入力システムATOKが解禁になる事です。

またATOKは解禁にはなって無い様です。

その他、ヘルスケア関係のアプリが追加になり、
App Storeの登場以来、最大のリリースだそうです。

こちらの英語のサイトでは
あなたがすぐにiOS8にアップデートするべきでない6の理由
がありましたが、多少遅くなるのは覚悟の上なので
アップデートする事にします。

一応簡単に翻訳して箇条書きしておきます。

iPhone4Sなど古めな機種は情報が出てくるまでアップデートは
控えた方が良いかもしれません、元には戻れませんからね!

あなたがすぐにiOS8にアップデートするべきでない6の理由

  1. ほとんどのアプリは動作しますが、もしかしたら動作しないアプリもあるかもしれません。
  2. jailbreakは無効化され、新たんにjailbreakにするには時間が掛かる。
  3. iOSに早期にアップデートするとバグやちょっとした問題が発生する可能性があります。
  4. 職場でiPhoneを使用している場合は、IT部門は、準備ができていない可能性があります。
  5. 古いデバイスでは動作しなかったり、遅さ・もっさり感が発生するかもしれません。
  6. ダウングレードはトリッキー(難しい)

Six reasons why you should not immediately upgrade to iOS 8より

まとめ

最大のポイントはAtokといえる程。
パソコンではGoogleIMEを使用しています。
パソコンではATOK >> GoogleIME >>>>>>>>>>> MS IME
ぐらいで、会社ではMS IMEを使っているので時々イライラします。

GoogleIMEは無料で使えるので使っています。

また、iOSのアップデートは時間が掛かるアップデート要求から
ダウンロード完了まで数時間掛かり、WiFi環境が必要なので
時間の余裕のある時にダウンロードした方が良いと思います。