前、iPhone水没後に乾燥剤させるパックThirsty Bagを紹介しました。
今度はiPhoneが水没してしまった後やってはいけない事を紹介します。

1、電源を入れる
通常、水没すると電源が落ちます。
落ちなくても水没後は電源を切るべきです。
電源を入れると内部に溜まった水で基盤がショートしている
可能性があり電源を入れた時基盤が壊れる可能性があります。
他のスマホなどで電池が取り外せるなら取り外しますが
iPhoneは取り外せないのでそのままです。

2、充電する、パソコンに繋げる
電源を入れると一緒で基盤がショートしている可能性が
あるので電源を供給すると、ショート(短絡)していた
場合は壊れます。

3、iPhoneを振る
水を早く出したい気持ちは分かりますが、振る事で
外に出るよりも内部の水が他の部位に水が生き渡ってしまう
のでダメです。

4、無水エタノールを使う
無水エタノールは揮発性が良くなる他の携帯電話では
使われている様ですがiPhoneでは状態が悪化する可能性
がある様です。(特にホームボタン)

5、乾燥させる
これはトイレやプールなど真水に落とした場合では無く
塩分や糖分が入った水に水没させてしまった場合。
塩分の入った海水や糖分の入ったジュースなどに浸水
してしまった場合は復旧率は残念ながら低くなります。
逆に真水で洗い流した方が復旧率が上がる事がある様です。