安いLightningケーブルは要注意!MFiケーブルのススメ

昔、アマゾンで買ったLightningケーブルで充電すると表示される表示。
iPhone で表示される このケーブルまたはアクセサリーは認定されていないため、正常に動作しない可能性があります。

昔買った非純正Lightningケーブル

この表示自体は、
パソコンのUSBポートや出力の弱いACアダプタなどでも 表示される可能性はあります。

この表示が出てても一応充電はされている見たいでしたが
やっぱり気持ち悪いです。

アマゾンで買ったケーブルPLATA ライトニング USBケーブルでレビューを見ると
iPhone5が壊れたとか、発熱・発火したとか、ゾッとします。
PLATA ライトニング USBケーブル
これがそのケーブルです。
先端部分が金属で覆われていないのと、先端部分にピンの穴が見えたので
怖いのでぶった切って使えない様にしました。

そこで、安心できる充電ケーブルは純正ですが、
おすすめなのがMade for iPhoneなどと書かれたUSBケーブルです。

MFi認証Lightingケーブル

MFi認証LightingケーブルはAppleからLightingコネクタの提供を受け
Appleが認定した商品なので、完全な非純正より安心です。

また、非純正のケーブルでiPhoneが故障した場合は、 保証が効かない可能性があります。
値段は、純正より安めですがそれなりに高いです。

アマゾンではアマゾンベーシック
アマゾンベーシック MFi認証 Lightning ケーブル
なら10cmの短いタイプなら 1200円程度で、一番長い90cmのタイプなら1500円ぐらいです。

市販されているMFi認証品の見分け方

ホームセンターや電気店などでlightning ケーブルやlightning 変換アダプタを
見かける事があります。

中には、MFi認証で無い商品もあるので注意が必要。

そこでMFi認証品かどうかを簡単に見分ける方法があります。

1つ目は商品の側にMade for iPhone・iPadと書いてあるので書いてあったら MFi認証品です。

2つ目は商品の裏側などに
アマゾンベーシック MFi認証 Lightning ケーブル 

英語がずらずらと書いてあったら大体MFi認証品です。
もしかしたら、違うかもしれないので最終的には自分で確認してください。

まとめ

電器店などでMFi認証のLightningケーブルが結構売られています。

ただし、値段を見るとアマゾンで買った方が安いかもしれません。
また、非純正の物もあるので注意が必要です。

iPhoneをより早く充電するために知っていて損はない5つの事

iPhone6かそれ以降にはMicroUSBの新規格Type-Cが採用される予定が あるかもしれないとの事。
次世代USBコネクタ規格「USB Type-C」はMicro USBよりも 小型で向きに関係なく装着できる

このType-Cコネクタの特徴は
Lightningと同じくリバーシブルな事。 表・裏どちらかを気にせず挿せます。
サイズは現行のMicroUSBより小さくなるみたいです。

そうなると、また100円ショップなどで充電ケーブルなどが 売られそうな予感がします。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)