先日画面を割ってしまった、iPhone6S。

画面が割れたiPhons6S

【関連】胸ポケットからiPhoneが落下し画面が割れた

ヒビが何本か入ってしまい、フィルムをめくると
触った感じでヒビを確認出来る程。

このまま放置していても、悪化するだけなので
修理する事にしました。

去年、Apple Care+を使っていますが
2回まで使えるので、今回はAppleで修理する事にします。

前回の出来事。
【関連】iPhoneを踏んで壊れたのでAppleCare+で交換してもらった

スポンサーリンク

Apple Nagoya SakaeのGenius Barで画面修理

Genius Barは前もって予約しておかないと
なが~く待たされたり、後日の予約となってしまう可能性があります。

私も3日ぐらい前に予約を取ろうとしましたが
16:30分しか空いてませんでした。

日曜日なのでしょうがないのかもしれません。
家の近くのサービスプロバイダは日曜日もダメで
火曜日以降でした。

Genius Barや正規サービスプロバイダの修理予約はこちらから出来ます。
Genius Barの予約とAppleサポートのオプション - Apple(日本)

上のリンクから、辿っていくと、何処が壊れているのかの確認と、
修理の予約を取る事が出来ます。

予約のキャンセルは、送られて来る予約内容確認メールから
予約内容の管理をクリックすると内容が確認出来るので
そのページでキャンセルが可能の様です。

画面損傷の修理は、画面だけ取り替えるので
戻ってきたiPhoneはそのまま戻ってきます。

しかし、本体交換対応となってしまう可能性もあり
その場合は工場出荷状態のiPhoneが渡されます。
出かける前にiTunesなどでバックアップを取っておくと安心です。

5年前とガラッと変わっていたGenius Bar

Apple Nagoya SakaeのGenius Bar、実は5年前にも来た事があり
この時はiPhone 4Sのカメラ修理でした。
【関連】名古屋栄のGenius BarでiPhoneカメラの修理

前回の時はBarの様に、カウンターがあり、店員の方と対峙する形での対応でした。

先日行った、Apple Nagoya Sakae2階のGenius Barには
Barがありません!

テーブルのみ。

どうやって対応しているかと言うと、
タブレットを持って受付を行っている店員に話しかけると、テーブルに座らされます。

しばらく待つと、別の方が来られて対応してくれます。

店内では修理などの作業をせず、修理などの場所は奥にあるみたい。
IDカードによるセキュリティーがされたドアから店員の方が頻繁に出入りしています。

全体を見回してもレジも無く、サッパリした感じ。
しかし、木製テーブルの天板の下の部分にレジのお金が入っている部分だけありました。

修理確認書のサインも5年前は紙、先日はタブレット上にサインしました。
タブレットに指でサインするので、書きにくかったです。

iPhone画面割れの修理費用

iPhoneの画面割れの修理費用はAppleCare+ 無しだと
17,800 円。

画面の割れでも、本体にゆがみや、へこみがある場合は
本体交換となる場合がある様です。

その場合は、水没などと同じ33,800 円となります。

私のiPhone6Sも店員の方が、テーブルに押しつけて
歪みが無いかを確認していました。

AppleCare+が使える場合は画面損傷の修理が3,400 円。
それ以外が、11,800 円となります。

iPhone画面割れ修理の待ち時間は3時間

Genius Bar修理確認書

受付の時間が約16時30分、
修理完了の時間が3時間後の19時30分となってしまいました。

Genius Bar内を見回すと画面が割れたiPhoneをテーブルの上に
置いた方がちらほら居るので、それだけ多いのだと思います。

3時間後、受付時に渡された紙と、本人確認書類を持って2Fに
行き修理されたiPhoneが戻ってきました。

戻ってきた、iPhoneにキズなどが無い事を確認した後、
修理代金を払って終わりです。

私も今回でAppleCare+を使い切ったので、次回からは正規の料金
が掛かります。

AppleCare+ 無しなら非正規の修理業者も良いかも

Appleの修理代金高いし、次壊れたら新しいiPhoneに乗り換える
という様な方は非正規の修理業者が良いかもしれません。

ただし、Appleで修理出来なくなる可能性もあるので、注意して下さい。
【関連】あいさぽでiPhoneを修理するメリット!口コミの評判はどう?
【関連】iPhoneの修理にかかる期間の目安