iPhoneの修理にかかる期間の目安はどのくらい?

画面が割れたiPhone6S

iPhoneが壊れて修理する際に、どのくらいの期間がかかるのか疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

修理期間の目安は以下のようにiPhoneの故障の内容によって変わります。

・スマホを落としてしまってフロントパネル(ガラス)がヒビ割れた
・水没によって液晶の表示が上手くされない
・突然充電できなくなってドックコネクタの交換が必要
・何度押してもホームボタンが効かない
・バッテリーの持続力や持続時間が短くなって

iPhoneの場合は従来のガラパゴス携帯とは大きく異なり、修理してから渡されるわけではなく同機種へと交換するシステムを取り入れているのが特徴です。

つまり、ドコモやauなどの携帯電話ショップを通すと配送日数が加算されるため、1週間程度の期間はかかると考えておいた方が良いでしょう。

1週間という目安はiPhoneの本体交換になったケースで、画面の修理や一部のパーツ交換だけで済む程度であれば店頭修理で対応してもらえますね。

「修理期間が長くなってスマホを使えなくなるのはちょっと・・・」と悩んでいる方には、次のようなサービスの利用がおすすめです。

  • 代替機を借りられる修理サービスを利用する
  • 翌日に新しい同機種が届くAppleのエクスプレス交換サービスを利用する
  • 同じく翌日に届けられるドコモのケータイ補償サービスを利用する

修理を依頼している間にスマホが一切使えなくなるわけではないので安心してください。

あいさぽでは最短で10分とスピード修理してくれる

iPhone修理の専門店であるあいさぽでは、最短で10分とスピード修理に対応しています。

新宿本店や池袋店、新橋店や吉祥寺店など実店舗へと持ち込みで依頼したケースに限りますが、修理の期間が圧倒的に短いのがメリットですね。

・早くiPhoneを修理して欲しい
・安い料金で対応して欲しい
・初めてiPhoneを修理に出す

こんな人にあいさぽはピッタリのサービスで、修理実績が30万台を超えている理由なのではないでしょうか。

宅配修理を依頼した場合は即日での対応が難しいケースはあるものの、宅配便の利用で手軽で往復送料や代引き手数料の負担は一切ありません。

iPhoneへと何かしらの不具合が生じた時は、携帯電話ショップへと足を運んで本体交換をしてもらう前にあいさぽへと依頼してみるべきですよ。

あいさぽでiPhoneの修理を依頼する流れ

以下ではあいさぽでiPhoneの修理を依頼する流れについてまとめてみました。

持ち込みと宅配では手続きが微妙に異なりますので、何をすれば良いのか一度目を通しておきましょう。

<持ち込み>
①24時間受付のWEB予約や時間限定のフリーダイヤルで予約をする
②予約した日時へとお近くの実店舗へと来店する
③約15分~60分でiPhoneの修理が完了する
④店頭で現金決済をして直ぐにスマホを使える

<宅配>
①無料見積もりフォームから登録するとメールアドレスに連絡が入る
②修理費用を検討して故障したiPhoneを発送する
③到着してから故障内容を確認して修理が始まる
④修理が終わったら即日で発送されて自宅へと届けられる

どちらの方法でも短い期間でスピード対応をしてくれますので、携帯電話ショップへと依頼するよりも便利な方法なのは間違いありません。

公式よりも修理費が安く、「Appleケアに入っていないから料金が高くなる」「実店舗へとアクセスする時間がない」といった方はあいさぽを利用してみてください。