WWDC2015でiPhone4SのiOS9サポートが判明

2011年に発売されたiPhone4S。
去年iPhone4がiOS8のサポート外になったので今年iPhone4Sがサポート外
になるのではないかと思っていましたが、今日未明に行われたWWDC2015で
iOS9でのiPhone4Sのサポートが発表されました。

iOS9でサポートされるiPhone4S

iPhone4S

 

元々、iOS9がiPhone4Sがサポートされると、噂はありました。
【参考】iPhone4sはまだまだ使えるいいデバイス!iOS9でもサポート予定

容量の少ない機種でも影響があまり出ない様に
アップデートの容量は小さく、バッテリー持続時間も改善の見込みがあるそうです。

機種的には4年前の機種なので、最新の機種に比べれば動作は遅いです。

しかし、ブラウジングなどネットを見るだけであれば、十分使えます。

来年のiOS10ではどうなるかは分かりませんが、
とりあえず後1年は安心して使えそうです。

iOS9の特徴

  • Siriの反応速度などの強化
  • アップデート容量の削減
  • バッテリー持続時間の増加

など
【2015年版 iOS】 iOS9 新機能・最新情報まとめ 【Apple MUSIC】

あとがき

もまだiPhone4Sを使っているので後1年は使えるので安心です。
でも最近、バッテリーの持ちが悪いと言っています。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)