iPhoneをアルコールで掃除すると画面が墨絵の様になるので要注意

前にケース交換をしたiPhone5。
【関連】iPhone5始めてのバックパネル交換に半日掛かった

バッテリー交換の時に液晶パネルを外したのですが
端が接着剤か何かで汚れていたのでアルコールを含ませた
テッシュや脱脂綿などで拭きました。

電源を入れたら大変な事になっていました。

画面に墨絵の様なシミが出来たiPhone

電源が切れて、画面が黒い時は分かりませんでしたが
画面が白く表示されるとヒドイ事に。

アルコールがiPhoneの液晶パネル中に侵入してシミになった

画面が白いとわかりやすく、黒っぽいと分かりにくいです。

ネットを検索するとこんな記事もありました。
【参考】iPhoneをアルコールで掃除した結果…画面が墨絵のようになる悲劇

元に戻す方法

完全に元に戻す方法は無く、アルコールが蒸発するのを待つだけ。

ただし、蒸発前のアルコールが液晶の中にある保護膜を
溶かしてしまっている場合は元には戻りません。

どうしても気になる場合はパネル・デジタイザーごとの交換になります。

2日経過したiPhone

殆ど、蒸発した様ですは画面右下に墨絵の様なシミが残っています。

墨絵の様なシミが残ったiPhone5

まだ、目立つのでもう少し薄くなったら良いです。

対策

アルコールがパネルに染みるとシミになってしまいます。

なので、テッシュや脱脂綿に付けるアルコールは最小限にすれば
画面表面の消毒に使われ内部に入るのは少ないと思います。

画面の除菌にはこちらがオススメ

消毒用のイソプロピルアルコールが入っているので除菌目的にも使えます。

本来の目的はメガネ拭きなので、レンズも傷つけないのなら
スマホの画面に使っても問題無いと思います。

ただし、保護フィルムによってはダメかもしれないので注意して下さい。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)