iPhoneでATM等の暗証番号を簡単に盗み取る方法

簡単と言っても日本では未発売で欧米で発売されている
iPhoneをサーモグラフィーに出来る「FLIR ONE」というケースが必要です。

悪用厳禁!iPhoneでATM等の暗証番号を盗み取る方法

サーモグラフィーでATMやレジなどの暗証番号を打つボタンから簡単に
暗証番号を盗み取ることができます。

元ネタの動画はこちら

iPhoneのケースなので、町中で持っていても違和感ないので危険かもしれません。

危険と言っても日本未発売ですし、このケース自体3万以上するので
そう簡単にやる人は居ないと思いますが、悪用厳禁です。

盗み取る方法はレジなどでクレジットカードの暗証番号を前の人が入力した後
サーモグラフィー化したiPhoneで見ると
サーモグラフィー化したiPhoneで見た暗証番号入力後のボタン

こんな風にボタン表面の温度の違いで、暗証番号が分かってしまいます。

暗証番号を盗み取られない様にする対策

暗証番号をレジなどに打つ場合は、関係ないボタンも触っておくと
体温がボタンに移って暗証番号が判別できなくなります。

また、日本のATM、三菱東京UFJ銀行などでは暗証番号のキー配列を
ランダムに並び替える事が出来るので、
ATMを利用されるならキー配列の並び替えがオススメです。

後は、定期的な暗証番号の変更をするとより安全かもしれません。

でも、暗証番号だけ盗んでもカードが無いと意味が無いのですが、
リアルに犯行に及ぶ人は、暗証番号を確認してからカードや財布を盗む
のでしょうか?

【参考】iPhoneでATM等の暗証番号を簡単に盗みとれる方法が話題に〜防止策も解説

あとがき

でも、これが日本ではやったらまずいかもしれません。
また、暗証番号はすべて同じ番号にしている人も多いですし。

暗証番号を確認した後、鞄や財布ごと盗んでしまえば
クレジットカードを使ったり、銀行から残高を盗む事も可能になってしまいます。

やっぱり、暗証番号はカードごとの変えておくと安心です。
また、盗まれたりするとカードが無くなりカード会社の連絡先が
分からなくなってしまいいますが、
前もってiPoneやエバーノートなどにまとめておけば
万が一の時もすぐにカードを止めるなどの対応が出来るのでオススメです。

スポンサーリンク