スポンサーリンク

先日、27日に発売になった劇場版ガールズアンドパンツァー。
異例ですが、まだ映画館で上映中です。
最初は5月31日までの予定でしたが再上映なのに
延長されている劇場もちらほら。

私も3月から7回見ました。

劇場版のBD&DVDが5月27日に発売となりました。
私はアマゾンで予約し、プライム会員なので26日にはゲットしました。

アマゾンで買った、劇場版ガールズアンドパンツァーのBD

そのBDの音源には劇場で使われた音源がそのまま使われている様。
家庭で見る場合は、設定によって聴きやすくなる様です。

ダイナミックレンジコントロールを使う

劇場版のBDの音源は元々、映画館用。
よって人の歩く足音から砲撃の音と、音量の幅(ダイナミックレンジ)が
大きくなっています。

部屋にオーディオシステムなどがあり、大音量が出せる環境がある場合は別ですが
大きな音が出せる環境で無い場合は砲撃の音に音量を合わせると小さな音が聞き取れにくい
状態となってしまいます。

そこで、ダイナミックレンジコントロールです。

ダイナミックレンジコントロールとは

ダイナミックレンジコントロールが無い状態だと砲撃の音にボリュームを合わせると
小さな音が聞こえなくなってしまいます。

逆に小さなな音にボリュームを合わせると、砲撃の音などが大きな音と
なってしまいます。

ダイナミックレンジコントロールでは大きな音を小さくして、
小さな音を大きくします。

これにより、音量の幅(ダイナミックレンジ)を小さくする事で
テレビなどでも聴きやすくなります。

メーカーによって名称が異なる様です。

USB-DACにあったAGC(Auto Gain Control)も同じような機能だと思います。

大音量でAGCオンにすると、途中音量が変わるので違和感があり
小音量で聞くと音の大きさが一定なので聞きやすいです。

大音量で聞けば映画館の音が家で聞ける

逆にオーディオシステムなどの環境が整えば
大音量にする事で劇場版と同じ音が出ます。

大音量で聞ける環境がある場合は、ダイナミックレンジコントロールを
オフにする事で映画館と同じ音が出ます。

参照ツイート

イヤフォンやヘッドホン使用時には音量に注意

劇場版BD特装版の本編にはDTS Headphone:Xが入っていて
イヤフォンやヘッドホンで5.1chの音場感を再現。

ただ、私の環境では再生出来ませんでした。

また、イヤフォン使用時は音量を上げ過ぎると難聴などの原因
になるので音量には注意です。

適切な音量は、最初に聖グロリアーナのダージリンの声が
ちょっと小さいぐらいかな?だそうです。

参照ツイート


まとめ

大きな音を出せない環境であれば
ダイナミックレンジコントロールをオンにすれば良い音質で聞く事が出来る様です。

逆に大音量の出せる環境であれば、
ダイナミックレンジコントロールをオフにする事で劇場と同じ音が出せます。

このBDにはオーディオトラック6つあり
DTS-MAというトラックが2つありますが、若干劣化した様な音だったので
Japanese-Stereoと言うトラックがオススメです。

他3つのトラックはオーディオコメンタリーです。