DVDのデータを壊して読み出されないようにしてから
捨てる際の方法を紹介します。

必要な物はハサミ。
出来れば大きく、強度のあるハサミが良いです。

簡単に言えばハサミで切り込みをいれて切ります。
その際、手を怪我しない様に手袋をすると良いでしょう。
私みたいに面倒な人はしなくてもいいです。
こんな感じに真中まで切り込みを入れます。

切り込みを入れる際小さめや強度が弱めだと
真中まで行かないのでなるべく大きく、
強度のあるハサミを使用します。

ちなみに、なぜ切り込みを入れないといけないかと言うと
CDとは構造が違い、記録層がレーベル側と中間の
2層の記録面が有るため。
なのでCDの廃棄に使われていたCD-Poitのような商品は
レーベル側の記録層しか傷つけて無いのでデータの消去から見ると
不完全なのでDVD(ブルーレイ)では使えません。

基本的には真中まで切れ込みを入れると
DVDドライブに入れることは出来ないのでOKです。

もっと機密性を高めたい場合は割るとよいですが、
断面が鋭利になる上、
破片は飛び散る可能性がありますので注意して下さい。
ちなみに割るとこうなります。

こうなるとデータの復元はほぼ不可能となるので
今度はゴミ箱に捨てるだけです。

私の住んでいる岡崎市の場合可燃ごみとして処分すれば
良いようです。