パソコンケースの正圧と負圧について

PCケースにあるケースファンは大体負圧になっています。
エアーフローとしてはパソコンの吸気用のスリットやありとあらゆる隙間から
ケースファンで排出されます。

PCケース内の温まった空気を排出出来ますが、
問題がひとつ有ります。
それはホコリが溜まることです。

空気がありとあらゆる所から侵入するので、
ケースファンにフィルタを付けても多少ホコリが溜まってしまいます。
図にすると

HDDやCPUなどから出た熱がケース内に溜まって、
その熱をケースファンで排出します。

一方正圧は、

ケースファンで空気を吸込み、スリットや隙間などから
あったまった空気を排出します。
フィルターを装着すればある程度ホコリを防ぐことが出来ます。

ただし、大きいPCケースなどはスリットやケースファン設置スペースなど
があると吸い込んだ空気がそちらにまわってCPUなどの熱源の排熱が
されない場合はがあるので注意。

また、排気がうまくされない場合は排気用のケースファンを付けると良いでしょう。
ただし、吸気の方が多くなるように。

正圧への変更はケースファンを逆に付ければ出来るので簡単ですが、
エアーフローを確認した方が良いでしょう。

正圧に変更した場合は、定期的なフィルターの清掃も忘れずに。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)