Vmware Serverがダウンロード出来ない!

自宅サーバのHDDを交換してソフトウェアRAIDにするのと
OSをScientific Linux6 x86_64にしたので
仮想WindowsXPを使う為にはVMware Serverを再度インストール
する必要があります。

そこで、前に使ったrpmパッケージは32ビット版で使えないので
新たにダウンロードする事にしました。

しかし、
トップから辿ってVMware Serverのダウンロードをクリックしても
VMwareのトップに戻ってしまいます。
もちろんMyVMwareにはログインしています。
VMware Serverはダウンロード出来ませんがVMware Playerは
ダウンロード出来ました。

ちなみにサポートは2011年6月30日で終了しています。

仮想PCにはWindowsアプリを実行させていたのであまり止まると
困るのでどうしようか。

VMware PlayerはGUI環境でないと動作しないみたいだし、
とりあえず、仮想PCで動かしていたアプリは別PCで動かして
そのままにして、仮想PCは廃止になりそう。

仮想PCは生きてはいるのでVMware Playerでは使えます。
でもパソコンで使えても、パソコンはスリープなどで電源断が
発生するのでVMware Playerでは不向きです。
また、VMwareの別の仮想化無償製品であるVMware vSphere Hypervisor
なら実行可能です。
VMware ServerとVMware vSphere Hypervisorの違いは動作環境です。

VMware Serverの場合、WindowsかLinux上で動作するアプリとして動作します。
しかし、VMware vSphere Hypervisorの場合OSとして動作するのでserverと
同じ使い方は出来ません。
一時、Scientific Linuxを32版に戻してVMware Serverのインストールを試みましたが
カーネルが更新されるとモジュールの再構築が必要らしくgccやカーネルのソースの場所
なんかを効いて来て、いろいろインストールしたりしましたが、
vmware server Unable to build the vmmon module.とエラーを吐いて先に進めないので

VMware Serverは諦めて64bitに戻しました。
他の仮想化ソフトだとCPUによる仮想化支援(VT-x)が必要ですが、
自宅サーバのCPUは省エネ&安いATOMを使っているので使えません。
他はGUI環境にするのも嫌なので仮想化はとりあえず廃止で。
今後、ノートパソコンを配置したり環境を整備する予定です。
スポンサーリンク