スポンサーリンク

前々から起きていたパソコンのフリーズ、前の記事などはこちら

突然フリーズするKernel-Power 41病
フリーズするKernel Power41病はHDDが原因だった
Kernel Power41病対策にCPUファンの清掃
玄人志向ATX電源 KRPW-N500W/85+を買った

電源・SSDの交換やCPUヒートシンクのグリスの塗替えなどで
フリーズの回数は減ってはいましたが、根治には至ってません。

また、今週の木曜日辺りからフリーズが頻発して
動画を再生しようとするとフリーズ。

なので、CPU+メモリ+MBをセットで変えると3万円を超えるので
比較的安くまだ交換してない、原因となりうるグラボを交換しました。

MSI Radeon HD5450 1GBをアマゾンで購入

現在のマザーボードでの規格はPCI Express x16で出力がHDMI。
実店舗は近くに無く探すとなると大須に行かないとなさそうなのでアマゾン
で購入しました。

もしグラボの交換でもダメならメインなパーツを変える必要があるので
あまり無駄にはしたくないので4千円代のグラボにしました。

3千円代のもありましたが、バスの規格が載ってなかったので
止めました。

GV-RX345256HIからVD4755に交換

今まで使っていたグラボ(左)GV-RX345256HIとVD4755(右)

今回の交換でVRAMが256MBから4倍の1Gに!

交換は電源を切った状態でPCIバスの横にあるネジを外して
ボードを取り替えます。

取り替えた後は普通に画面は表示されWindowsも起動します。
しかし、ドライバーがマイクロソフトのモノだとパフォーマンスを
最大限に引き出せなかったり、使えない機能があるかもしれません。

なので、Windows起動後に付属のDVDからドライバーやユーティリティの
インストールを行います。

インストール時にあるちょっとしたトラップ

DVDを開くとインストーラーが起動してインストールする機能が表示されます。
Live UpdateやKombustorはインストールしておいても良いでしょう。

MSI Driver &Software Setupでノートンがインストールされるトラップ

しかし、その下にあるOther Utilitiesには
Google Chromeやツールバー、Googleドライブがあります。

Chromeは今使ってるし、ツールバーはChromeには不要なのでチェックを
外しました。

さらにスクロールすると一番下にはノートン インターネットセキュリティが!

60日の無料体験版がインストールされる様です。

既に何かのウイルス対策ソフトをインストールされている場合は
チェックを外してインストールしない様にしましょう。

なお、デフォルトではチェックの入った状態なので
スクロールせず気づかないとノートンがインストールされます。

あとがき

ドライバーインストール後、パソコンの再起動でドライバーのインストール&適用完了!
ちょっと、色が濃くなった様な気がします。

交換して数時間経ちますがまだフリーズしません。
これで根治してくれる事を祈ります。

これで直らない場合は、CPU・マザーボード・メモリの取り替えで
Windowsの再インストールが必要になり、VD4755も無駄になってしまいます。

Core i5 とCore2DuoはCore2Duoの方が古いですが
負荷の掛かる作業をしない場合はCore2Duoで十分だと思います。

クロック周波数もそんなに変わりませんし、
Windws10はCore2Duoでも動く様なので当分現役で使いたいです。