スポンサーリンク

最近、PCXのバッテリー電圧が下がり気味。

最近は無負荷、キーオフにして一晩放置した状態で12.2V。
エンジンスタート時など負荷の掛かるときは10V近くまで電圧低下
する事もあったので補充電を行いました。

PCXバッテリーの補充電

室内で補充しているPCXのバッテリー

バッテリーの充電はPCXからバッテリーを降ろして室内で行いました。
屋外に電源があればバッテリーを外さずに充電すれば良いと思います。

アラームをつけている場合は30分以上経過しないと
バッテリーを繋げられない様です。

バッテリーの充電には定電圧定電流充電を行います。
私が使ったのは実験用電源装置。

充電電圧を約14V、電流を500mAに制限して充電します。
充電電流がほぼ0になったら充電終了です。

液補充不要なシールドバッテリーは充電電流を制限する必要があります。
なので、充電には車用のバッテリー充電器は使えません。

バッテリー充電器を持ってない場合は、
こんな充電器を持っておくと安心です。

また、充電器だけでは電圧を知る事が出来ないので

デジタルマルチメータ、通称テスターを持っていると良いでしょう。

バッテリー電圧を測り方と充電した方が良い時

バッテリー電圧はエンジンを掛ければ常に変動します。
乗った後は充電されなくなるので電圧が落ちるため変動します。

なのでバッテリー電圧を測る時は翌朝など、
エンジンを切ってから時間が経った後にバッテリー電圧を
確認するとバッテリーの素の電圧を知る事が出来ます。

一々テスターを取り出すのも面倒な場合は、

こんな電圧を付けるのも良いでしょう。
ただし、多少バッテリーを消費させるので電圧が低くなったら充電が必要です。

充電が必要なのは無負荷電圧が12.4Vを下回った時。

電圧が低下するとバッテリーの劣化現象サルフェーションの
原因にもなってしまいます。

なので、電圧が12.4Vを下回ったら
充電器で充電するか、乗り回して充電しましょう。