クレジットカード裏の署名欄にサインしない事でおこること

クレジットカードも裏面に必ずあるモノ。 それが署名欄です。 クレジットカードの署名欄は必ず署名する必要があります。 つい、忘れがちですが 署名をしない事で、どのようなリスクがあるのか 見てみましょう。

クレジットの署名欄を空欄のままにしていると起こる事

買い物できない

お店とカードによっては、お店の控え用レシート(売上票)にサインを求められます。 その際、クレジットカード裏の署名と、レシート書かれたサインが 大きく異ならないか店員がチェックします。 もし、その時に署名欄が空欄なら、利用を断られる事もあります。

なりすましが可能

もし、署名欄に署名をしてないクレジットを紛失した場合 他人がクレジットを使える可能性があります。 クレジットカードの署名欄は 漢字の他に、ローマ字表記での記入もOKです。 なので、カード表面の名前をそのまま裏に書けば カードが使える可能性があります。 署名してあるクレジットカードのサインを似せるは難しいですが 自分のサインをそのまま使えるので他人でも使えてしまいます。

不正利用が補償されない

クレジットカードを他人に使われた場合、 そのカードの署名欄が空欄の場合は、クレジットカード会社による 損害の補填を受けられない可能性があります。 なりすましで使われた分を、自分のお金で支払う必要があります。

クレジット署名欄の書き方

水性の筆記具は消す事が出来るようなので 油性のフェルトペンやマーカーペンなどが良いようです。 個人的にはマッキー極細の極細がおすすめです。 マッキー極細の細だと署名欄に対して太いと感じます。

サインはローマ字表記にするか、漢字にするか

サインは普段なれている、漢字表記が良いと思います。 クレジットカードのサインは個人が特定できれば 苗字だけでも、へのへのもへじでも良いようです。 【参考】クレジットカードのサインを、馬鹿正直に漢字のフルネームサインにしてませんか?簡単なものに変更するだけで時間短縮に。 ただし、それを自分が覚えていて買い物をした時に書けないとダメ。 なので無難に漢字表記のフルネームが良いと思います。 もちろん、海外でも漢字表記のサインでOKです。

まとめ

クレジットカードの署名欄が空欄のままになっている場合は すぐにサインしましょう。 サインしないと、不正利用され放題です。 万が一、紛失や盗難にあって、他人に利用されても クレジットカード会社は補填してくれません。 サインは、マッキーの極細などの油性ペンで書きます。 書き方は、日本語のフルネームが分かりやすくて良いです。 他の書き方でも、個人を特定出来ればOKですが 署名欄と同じモノを書けないとダメです。 万が一、署名欄の署名に失敗、書き損じてしまった場合は クレジットカード会社に電話して、相談してみましょう。
 
スポンサーリンク