Windows8DSP版を別PCでライセンス認証

Windows8 ProのDSP版を買って、
さくらのVPSに入れようとVMware Playerにインストール後
使ってなかったのでライセンスを別PCに移行しました。

Windows8 DSP

もちろん1ライセンス1台は絶対です。
私の場合、使ってない仮想環境のライセンスを
実PCに移行させました。

インストールは通常通り。
別PCは光学ドライブが付いてないのでUSBメモリを起動ディスク化しました。
(参照元:Windows 8 インストール用 USB メモリーを作る
もちろん、プロダクトキーも入力し、インターネットに接続して
ライセンス認証を行うともちろんエラーが発生します。

プロダクトキーが使用できる回数を超えているとか…

そこで電話認証です。
ここでは電話認証時のポイントをまとめます。
電話を掛けると自動音声につながり
まず、日本語の選択、Windows製品をプッシュボタンで選択しました。
その後、プッシュボタンで画面に表示された6文字×9の数字を入力しました。

すると、プロダクトキーは使う事が出来ないというので
オペレータに繋ぐを選択し、しばらくするとオペレータに繋がりました。

一応状況説明、
WIndows8DSP版を購入後仮想環境にテストでインストールしたら
ライセンス認証してしまった。
すでに、仮想環境は削除済で使ってない
という事を説明しました。

すると、今インストールしているのは実PCなのか
あと、仮想環境は削除済の再確認をされました。

その後、
電話で伝えられた確認ID、6文字×9の数字を入力して
次へをクリックしたらライセンス認証は完了しました。

 

スポンサーリンク