一番壊れにくいHDDメーカーはHGSTらしい

前、GIGAZINEにあったので紹介。

ハードディスクメーカー別で見ると一番壊れにくいのは
HGST(日立グローバルストレージテクノロジーズ )が壊れにくいらしいです。

でもHGSTは日立製作所からWester Digital (WD)に売却されました。
HGSTのブランドは維持されるみたいです。
(と同時に日立製作所がWDの発行済株式総数の10%ほどを
保有することにより筆頭株主となった。)

ハードディスクはどこのメーカー製が一番壊れにくいのかが2万5000台の

調査結果でついに明らかに

これによるとHGSTが良く、次にWD、壊れやすいのがSeagate
なっています。
36か月生存率はWDSeagateの差が大きく20%以上も離れています。

また、気になるHDDの寿命

またこれもGIGAZINEから
ハードディスクの寿命傾向がストレージ会社が集めたデータから明らかに

HDDの寿命、3年生存率は平均すると90%みたいです。
メーカー別のグラフを半年以内に5%ぐらいの確率で故障するみたいです。
これはバスタブ曲線で言う初期故障期だと思います。

4年経過すると生存率は80%に下がります
その先はまだデータが無いみたいなので分かりません。

ちなみにデスクトップで使っているHDE721050SLA330 。
2009年から使用していますが、いまだ現役です。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)