クレジットカードの更新で新しいカードが来たらすべき3つのこと

クレジットカードには有効期限があり、
だいたい5年ぐらいで新しいカードが送られてきます。

新しいカードが届いたらどうするか調べました。

クレジットカードの更新で新しいカードが来たらすべき3つのこと

新しいカードが届いたら、すぐにサインする

こんな記事も書きました。
【関連】クレジットカード裏の署名欄にサインしない事でおこること

クレジットカード裏面にあるサイン欄にサインせずに
不正利用された場合は、被害が補填されません。

カードをサインせずに持ち歩くと盗まれる可能性があるため
財布に入れる前に、必ずサインします。

新しいカードは届いたら、すぐ使える

旧カードの有効期限が残っていても、
新カードは届き次第使うことができます。

新カードを使うと、旧カードは使えなくなるようです。

旧カードは期限までは使える

新カードを使わなければ旧カードは有効期限まで使えます。

クレジットカード会社としては、新カードが届いたら
新カードを利用してほしいようです。

新カードは有効期限とセキュリティーコードが違う

カードが更新になったので有効期限も旧カードに比べれば延びています。

カード裏面に記載されているセキュリティーコードも
変更になっています。

Amazonなどの通販サイトにクレジットカード情報を登録している方は
買い物前にクレジットカードの情報を更新しないと利用できない可能性があります。

旧カードの処理

今まで使っていた旧カードは、新カードを使うようになれば不要になります。

絵柄など、思い入れのあるカード以外は
はさみやシュレッダーなどで裁断して使えなくすると安心です。

はさみでのクレジットカードの処分

はさみでクレジットカードを切る時は
磁気ストライプ部分と、ICチップ部分を切る事でカードが
使えなくなります。

はさみだと、名前などが見えてしまうので
気になる方はシュレッダーで処分した方がよいです。

シュレッダーでのクレジットカードの処分

最近のシュレッダーはクレジットカードの細断にも
対応した機種があります。

対応した機種を使えば、約6mm幅で細断されるので
クレジットカードに記載されな氏名も、より見えにくくなります。

旧カードを残す場合

絵柄など、思い入れのあるカードを取っておくのは良いですが
間違えてお店などで使わない対策が必要です。

旧カードは財布に入れておくと、間違えて出してしまうので
カードファイルなどに入れて分けておくと良いです。

 

固定費をクレジットカード払いにしている場合は要注意

携帯料金や公共料金の支払いに、クレジットカードを使っている方は
カード更新時は要注意です。

固定費引き落としの場合は、カード更新時に洗い替えが行われます。

カードの更新によって有効期限などの情報が変更になります。
洗い替えは変更になった情報を、自動的に更新してくれます。

ただし、洗い替えに失敗する事もあるようなので
期限が切れる前に確認しておくと安心です。

  • クレジットカード更新時の審査の落ちてカード更新がされない。
  • 住所変更をせず、引っ越しをしカード、カード会社に戻った。

このような場合は、カードを使えないので
別の決済方法で支払う必要があります。

まとめ

カードは届いたら、すぐにサイン。

届いたカードは、すぐに使えます。
通販サイトでは有効期限などの情報を更新する必要があります。

旧カードは、はさみやシュレッダーなどで
細断し使えなくします。

固定費の引き落としにクレジットカードを使っている場合は
有効期限が切れる前に要確認です。

スポンサーリンク