クレジットカードの不正利用には利用明細のチェックを

クレジットカードの利用明細って、どうしていますか。
私も不正利用される前は、放置して、捨てていました。

【関連】VISAデビットで不正利用された5万を取り戻すまでの顛末

不正利用後は怖いので、来る度チェックしています。

今回は、クレジットカードの利用明細が来たらすぐに確認すべき
2つの理由を紹介します。

利用明細が来たら確認すべき理由

不正利用分の引き落としを防げる

私が前回不正利用にあったVISAデビットの場合、
銀行口座から即時引き落とされます。

一方、クレジットカードの場合は、1ヶ月分まとめて引き落とされます。
引き落とされる前に必ず利用明細が届きます。

最近は、WEB上で確認できる利用明細が増えているので
届かない場合もあります。

利用明細を確認して、不正利用に気付きクレジットカード会社へ電話すれば
不正利用分の引き落としを防げる可能性があります。

これが、引き落とされた後だと、戻ってくるまで時間が掛かります。

早めに申告する必要がある

クレジットカードの場合、利用明細が来てから引き落とされます。

クレジットカード会社側にすれば、
引き落とす前に明細を送っているので、
確認されているという認識です。

60日以内に発生した不正利用のみ補償するカード会社もある様です。

不正利用から約2ヶ月を過ぎると不正利用された分は
泣き寝入りとなってしまう場合もあります。

そうならないためには、毎月の利用明細をチェック。
身に覚えがない利用があったら、早急にカード会社への連絡が必要です。

カード会社によっては、電話は繋がりにくい事もありますが
連絡は必要です。

連絡した場合の多くは、クレジットカードの停止と再発行の手続きが行われます。

まとめ

クレジットの明細は届いたら、すぐに開けてチェック。
これが不正利用に気付く一番の方法です。

クレジットカードの明細は、
明細の他にインフォメーションなどが入っていてかさばります。

いちいち開けるのが面倒な場合は、WEB上での明細がオススメ。
紙の明細だと見終わったら、シュレッダーなどを掛けてから廃棄します。

WEB上の明細だと、ネットで確認出来るので便利、ゴミも出ません。

ただし、WEB上だと送られて来ないので
チェックするタイミングが無くなってしまいます。

多くのカード会社では、請求金額をメールでお知らせしてくれる様
なのでこのタイミング利用のチェックをすれば良いです。

不正利用につよいクレジットカード

クレジットカードの不正利用、
カード会社によっては、カード会社がカードのモニタリングを行っている様です。

三井住友VISAカードは24時間365日、カードをモニタリング(不審カード利用チェック)
を実施。

利用明細でのチェックでは、不正利用されている間は止める事が出来ませんが
モニタリングでひっかかれば不正利用が止まります。

不正利用すべてを止める事は難しいかもしれませんが、
クレジットカードのセキュリティー向上に繋がります。

三井住友VISAクラシックカード 初年度年会費無料!

三井住友VISAクラシックカードであれば初年度年会費無料。
翌年以降もマイ・ペイすリボへの登録と、前年1回以上のカード利用
があれば、年会費無料。

定期的なカード使用があれば、年会費無料なので、
手軽に作ってみても良いかもしれません。

マイ・ペイすリボへ登録すると、支払いがリポ払いになるので
高額商品を購入した場合は要注意です。

スポンサーリンク