芽が生えてきたのでらっきょうをプランターへ植えた

6月に採った、らっきょう。
小さめなので苗用に保管していました。

保管は、水切りネットに入れて風通しの良い所に保管していて、
9月になって芽が出てきたのでプランターに植えました。

保管していたらっきょうの球根から芽が出た

らっきょうをプランターへの植え付け

らっきょうを大きく育てるには、1本1本の隙間を広げます。
間隔が狭いと、大きく育ちません。

本来は20センチぐらいの間隔を開ける様です。
【参考】ラッキョウの育て方

今回はプランターで育てるので10センチぐらいの間隔にしました。

らっきょうの球根を植えたプランター

らっきょうを植える前に、苦土石灰を撒きました。
本当は1週間前に撒いておくと良いそうです。

植え付けは8月〜9月、
収穫は6月〜7月になります。

球根がたくさんあったので、3つのプランターに分けました。
余った球根は、地面に置いておきました。

球根の数を増やすなら、2〜3年目に掘り起こすと良いそうです。

何年か放っておくと根が絡まり合っているので球根を取るは
面倒です。

根が絡まった、球根を育てる用に植えています。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)