アボカドの葉先が枯れる様に茶色に変色してきた

水耕栽培から始めたアボカド。
【参考】アボガドの種で爪楊枝を使った水耕栽培に再チャレンジ

水耕栽培から初めて約5ヶ月
【参考】爪楊枝を使った水耕栽培で育てたアボガドから芽が出た
土に植えて、約2ヶ月で根もしっかりって安定しています。
【参考】水耕栽培から4ヶ月経過して上の葉が大きくなったアボカド

最近では鉢の下から、根の先が出ていて鉢のサイズが小さかったかもしれません。

順調に育っていて、次々に新しい葉が出来るのですが
下の葉の葉先が茶色に変色して枯れてしまう様になってしまいました。

下の方の葉の葉先が茶色に変色して枯れてしまう

アボカドの原産はメキシコなどの温かい地域。

ですが、夏でも外に出すとしおれるので室内で管理しています。

IMG_8355

上の方の葉に変色はありませんが、下の方の葉の葉先が枯れる様に
茶色に変色しています。

下の葉ほど、葉の枯れている部分が大きく、上の方は葉先の部分だけです。

そんな時、こんなページを見つけました。

アボカドを観葉植物として育てているのですが葉の先っぽが枯れてきまし… – Yahoo!知恵袋

下の葉から枯れてくるのは自然な事の様で、新しい葉が出ているなら特に心配は無いそうです。
変色した部分を、切り取ってしまえば良い様です。

アボカドは、下より上の方に葉が付くので、小さな葉であれば切ってしまっても
問題無い様な気がします。

ただ、このままだと上に伸びすぎなのでそろそろ摘芯しようかと思っています。
鉢が小さいので来年、暖かくなったら植え替える予定です。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)