アボガドの種で爪楊枝を使った水耕栽培に再チャレンジ

前回のアボカドの種は、成長しませんでした。

アボカドの水耕栽培・前回の敗因

  • アボカドを冷蔵庫に保管していた。
  • 季節的に気温が低かった。

などが影響しているかもしれません。

アボガドの種で爪楊枝を使った水耕栽培に再チャレンジ

アボガドの種で爪楊枝を使った水耕栽培に再チャレンジ 横から

今回も爪楊枝を使います。

爪楊枝の刺し方も前回は水平に刺していましたが、
今回は、上向き斜めになる様に刺しました。

ちょうど良い容器が無かったので、生茶のペットボトルを切って使いました。

アボガドの種で爪楊枝を使った水耕栽培に再チャレンジ 上から

上から見るとこんな感じです。
爪楊枝を3本、爪楊枝は1ミリ程度刺しています。
心配な点は、包丁による切れ込みなどがある点。
種の上は乾燥を維持して、下側は水に浸かる様にします。

まとめ

発芽には最低15℃以上の気温が必要みたいで
葉が生えるまでは数週間ほど掛かるみたいです。

また育ったら記事にしたいと思います。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)