セレウスサボテンの挿し木は発根した

先月挿し木にした、セレウスサボテンの発根状況を確認すべく
2本のうち1本抜いてみました。

もう1本は株が大きくなっているように思うのでやめました。

挿し木を行ったのが約15日前
前に失敗したようなしおれる感じはありません。

今までの経緯は、
6月22日にセレウスサボテンの芽?を採ってカッターでカット。
ティッシュで包んで、1日は室内、2日目は晴れたので、
切り口以外はティッシュで包んで乾燥させました。
土は未使用の川砂を使用。(昔百円ショップのセリアで購入し使わなかった分)
鉢の土を2/3ほど入れて、水を下からこぼれるまで水を入れました。
その際、使って鉢の底の形状が凹凸していたため、底には砂が漏れないように
台所の三角コーナーの水切りネットを切って使いました。
その後、晴れの日が無かったので室内で2日乾燥させて、
サボテンの入る穴を開けて、植えました。

鉢の置き場は2階の東側の窓際です。

管理は最初の1週間は放置プレイですが、
鉢の上には乾燥防止と日光を適度に遮るためティッシュがあります。
このあたりは前回,前々回の写真を見るとわかりやすいです。
1週間経過後は1日1回みて土が乾いていたら霧吹きで水を遣ります。
水は土の表面が湿る程度でOKです。

抜いてみた、1株の下側を見てみると

なんと、発根(はっこん)していました。

もう一株は少し太くなっているような気もするので、
根腐れもなさそうなので、このままティッシュ&霧吹き作戦で様子を見ようと思います。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)