セレウスサボテン本株の根腐れ

最近、サボテンの面倒はほとんど見て無く、
1ヶ月前に外に出した程度。
ところが、1~2週間前からしおれ始めたので
おかしいとは思いましたが放置していました。

今日、本株を見ると、枯れている部分もあったので
根腐れの可能性があるので一度引き抜いてみました。

s-IMG_4197

引き抜くと少し黒い部部分がありました。
根腐れが起こると、水分が回らないのかサボテンがしおれてきます。
酷いと、上の方から枯れてきます。

本株で一番大きいのを切ってみると
s-IMG_4199
中も黒く、ぶよぶよています。
黒くなっている部分は腐っていて、この部分は元には戻りません。

根を何とか生かしたかったのですが、
根と通じる部分がすべて根腐れを起こしているので
黒いところを切除して、サボテンの挿し木で対処します。

対処するといってもまだ成功したことはありません。
しばらくは暗いところで切り口が乾くのを待ちます。

挿し木の場合は、
大きい株よりかは分けて挿し木にした方はすべて枯れる
リスクが減ると思います。

挿し木は、時間が掛かりますし
中々成功しないので、冬は完全に水を断つのも
根腐れの予防に良いのかもしれません。

どうせ、気温が低いのでそんなに成長しませんしね。

 

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)