スポンサーリンク

最近少し暖かくなって来たので
セレウスサボテンの挿し木を行いました。

去年挿し木した2個は1個は普通に育ってます。

もう1個は、大きさが挿し木した時からあまり変わらず
根腐れで腐敗した部分が少し上がってきていたので
再度挿し木による復活は難しい為捨てました。

今回は5個採取して挿し木します。
本来はもう少し暖かくなってから作業した方が
良いでしょう。

挿し木用に採取した芽は2~3日乾燥させます。

方法自体は去年と同じです。

2~3日乾燥後

大体2~3センチぐらいの大きさです。

植える川砂は未使用の物が好ましいですが、
面倒だったので鉢に直接熱湯をかけて消毒しました。
あまりいっぱいかけ過ぎると鉢がプラスチックなので
変形する可能性があります。

植えた後

しばらくは去年と同様この鉢で管理します。

挿しして根っこがある程度育ってきたら植え替える必要が
ありますが、株が小さいうちは普通の土を根腐れに注意しながら
使ったほうがよいかもしれません。

サボテン用の土だとあまり育たなかったので。