セレウスサボテンの挿し木・2

前回、セレウスサボテンの子株を取って
乾燥させておきましたが、
最初は2~3週間の予定でしたがいろんなサイトを
見ていると1週間でも乾いていればOKの様です。

そこで、1週間で挿すことにしました。
挿す土は、水はけの良い土が多く使われていますが、
川砂が使われている様なので今回は川砂を使いました。
川砂は近くのホームセンターには無かったので
100円ショップSeria(セリア)で買いました。

川砂

植える容器はあまり良いのが無かったので、
500mlのペットボトルを切って作りました。

川砂は2センチほどで鉛筆などでくぼみを作り
軽く置く感じで植えています。
ちなみに、まだ水は遣りません。

サボテンの挿し木の場合、
発根してからでないと水はやってはいけないそうなので
植えてから2週間ぐらいは水無しです。
小さいのは枯れてしまいますが、
大きいのは残ってくれると良いです。

PS.
その後、↑の挿し木は失敗しました。
今、セレウスサボテン挿し木に再チャレンジ中。(1回目2回目
今の所、発根まで行きました。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)