セレウスサボテンの根腐れと復活方法

先週あたりからセレウスサボテン
1株の色が薄くなってきました。

おかしいなと思いつつ今度は倒れて来たので見てみました。

セレウスサボテンの根腐れ

見ると、黒くぶよぶよした部位が株の根本にまで来ていました。
セレウスサボテン根腐れ

この状態だと根元にまで黒く腐った部分が来ているので
この株は切らざる追えません。

根元を抜いてみると、こんな感じになっています。

根腐れ、切断後

根元は腐っていて、はさみがなくても切れるぐらい柔らかいです。
臭いを嗅ぐと臭く、腐ったような臭いがします。

腐った部分は、元には戻せないので
株の根元が腐った場合は、そのままでの復活は無理です。

挿し木での復活

かなり難易度は高く、復活できる可能性は低いです。
私も何回かは成功しているので、可能性はあります。

黒い部分は腐っていて、放っておくと
まだ生きている部分まで冒してしまいます。

挿し木での復活を目指すなら、腐った部分を完全の取り除きます。
くさった部分が残っていると、そこから腐ってきます。

株ごと残していても、復活は難しいので
小枝ごとに切ります。

 

セレウスサボテン切断後

切った後は、切り口を乾燥させ、川砂などに植えます。

発根するまでに時間がかかるので
殆どの小枝は、発根するまでに干からびてしまいます。

どちらにしても根腐れになったら、治る確率は低いようです。

冬はもっと難しい

セレウスサボテンの挿し木の時期は4月~6月と9月です。
【参考】セレウス・サボテン

7月と8月は、猛暑期となり暑く日差し強いので
挿し木には向いてないようです。

冬は寒く、挿し木には向いていない季節となります。

室内で管理すれば、なんとかなるかもしれませんが
復活の確率としては下がります。

冬は水遣り注意

冬に根腐れしても、なかなか復活は難しいです。
冬は寒いのでサボテンの活動が低下しています。

そこに多くの水を与えると根腐れを引き起こします。
12月から2月は、水を与えなくても良いとされています。

まとめ

セレウスサボテンの根腐れが起こると、根元が黒くなります。
進行するとブヨブヨになり、株が倒れます。

黒くなっている段階で、その部分は腐っています。
根元が腐っている場合は、そのままでの復活は無理です。

挿し木での復活も可能ですが、なかなか難しいです。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)