Lightningケーブルを収縮チューブで補強して断線予防

iPhoneの純正Lightningケーブル使っていると、断線しそうになります。

断線しそうな純正Lightningケーブル

プラグの下の部分が弱いので被覆が破けています。
このまま放っておくと被覆はさらに破け、中の線が出て断線してしまいます。

ボールペンのバネをつかった予防方法はある様ですが、
すでに破けているのせ収縮チューブを使って補強しました。

熱収縮チューブで純正Lightningケーブルを補強

使用した収縮チューブはこれ

このサイズなら純正プラグが入るので、使えます。

適当な大きさに切ってドライヤーなどで熱を加えると収縮します。
ドライヤーが無い場合は、ライターなどでも良いですが
プラスチック部分が溶けない様に注意して下さい。

自分で補強する場合は自己責任でお願いします。

補強後のLightningケーブル

補強後の純正Lightningケーブル

収縮チューブは長すぎると持ち運ぶ時にケーブルをまとめる時に
丸まらないので、少し短めが良いと思います。

プラグ根元部分は強度を増すため、収縮チューブを3重にしました。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)