画面割れて眠っている傷だらけなiPhoneも買取に出せます

画面が割れてしまったiPhoneを修理に出すのが面倒で
機種変更をし壊れたiPhoneを眠らせていませんか?

iPhoneは人気が高いので画面割れや傷があっても
買取金額が付くので、眠らせているならぜひ買取に出しちゃいましょう。

まずはどんなiPhoneが買取可能なのか見てみましょう。

買取可能なiPhone

傷だらけなiPhone・画面が割れたiPhone

画面が割れたiPhone

よくあるのが落として他にも傷だらけなiPhoneや
画面が割れてしまったiPhoneです。

画面が割れてもしばらく使えますがやっぱり見栄えが悪いですし
悪化するので修理せず機種変更してしまう人も多いと思います。

ボタンが効かないiPhone

よくあるのが、ホームペボタンが効かなくなったiPhoneや
スリープボタンが効かなくなった効かなくなったiPhone。

ホームボタンとスリープボタンは使用頻度が高いので壊れやすいです。

充電出できないiPhone

lightningコネクタが故障して充電できないiPhone。

充電できないと電池切れによりiPhoneが使えなくなってしまいます。

水没したiPhone

これは買取できない可能性があります。
水が内部に入って回路をショートさせてロジックボードが故障している場合は
買取できないと思います。

内部に水が入ったままだと、内部を腐食させてしまうので
水没させてしまった場合は、早急に修理に出すなどの対策をしましょう。

【参関連】iPhoneが水没・浸水した時の応急処置などの対処法・まとめ

注意したい事

iPhoneを探しすはOFFに

iPhoneを探すは、AppleIDでiCloudにログインする事で
行方不明になったiPhoneの現在地を特定したり、データの消去ができます。
【関連】紛失したiPhoneをGPSで追跡してパソコンで探す方法

便利なのですが、買取に出す時はiPhoneを探すをOFFにする必要があります。

iPhoneを探すがONのまま、iPhoneをリセットすると
アクティベーション時に登録されているAppleIDとパスワードを入力する必要があります。

正しい、アカウント情報を入力しないかぎりiPhoneは使えない状態
俗にいうアクティベーションロック状態です。

このアクティベーションロックによりiPhoneの盗難は減りました。
オークションなどではロックされて使えないiPhoneが結構出てます。

壊れたiPhoneは下取り不可

機種変更時auなどキャリアが行っている下取りは機種が正常に動く事が前提で
画面割れなど不具合がある場合は下取りできません。

より高値で売却したいなら、なるべく付属品も付けて買取に出した方が良いと思います。

まとめ

実際の買取金額は状態によって異なるので、下記リンク先を参照してください。
【参考】スマホ買取ネット

傷や画面割れなどの問題があるiPhoneは売る事ができるので
眠っているiPhoneがあるならお金に変えてしまってはいかがでしょうか?

やっぱりiPhoneは機種が限られている上に人気もあるので修理用パーツも結構あります。
法律的にはなにか問題がある様ですが、こういったiPhoneをメーカー以外が直す事も可能です。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)