副腎機能低下症&副腎不全

副腎の働きが悪くなり、副腎から分泌されるホルモン、
副腎皮質ホルモン(ステロイド)が分泌量が少なくなったり、
分泌されなくなる病気。

症状

副腎皮質ホルモンが少なくなると、
疲れやすくなったり、食欲不振、低血圧、不眠などの症状が
出ることがあります。

通常は症状が出ていなくても、
感染症などのストレスが過度に掛かると、
急に副腎皮質ホルモンが足りなくなり、
急性副腎不全(副腎クリーゼ)になる事があり、
頭痛や吐き気などの症状で、悪化すると
意識が無くなり、最悪死に至ります。

 

検査

副腎不全の場合、血液検査のコルチゾールの
値が低くなります。

また、副腎に障害が有り副腎皮質ホルモンが
分泌されなくなっている場合は、
血液検査のACTHの値が高く、
視床下部、下垂体に障害が有り副腎皮質ホルモンが
分泌されなくなっている場合は、
血液検査のACTHの値が低くなります。

これは、内分泌系にはフィードバック(negative feedback)が
働いていて血中コルチゾールの量を調整しています。
副腎系は下のようになっています。

視床下部  CRH(ACTH放出ホルモン)

下垂体        ACTH

副腎           コルチゾール

処方

副腎不全の治療はコートリルが処方されます。
服用する量、回数は検査結果で判断されます。

また、
高熱(38℃以上)や抜歯などのストレスが掛かる時は、
コートリルの量を1錠増やします。

下垂体機能低下症について

スポンサーリンク