デスモプレシン錠剤であるミニリンメルトOD錠が出た

6月に出ると言われていたデスモプレシン錠がついに出ました。
名前がデスモプレシンではなくミニリンメルトという名前でした。
私が処方してもらったのはミニリンメルトOD錠60μgでした。
ミニリンメルトの中では一番小さい60μg。
ミニリンメルトOD錠60μg

 

この薬は錠剤と書いてありますが、実際はシート状の薬です。
普通の錠剤みたいに押し出して出すことは出来ないので
上のシートをめくって開けます。
ミニリンメルトOD錠を開けた時に見えるシート状の薬

この薬は水分を吸いやすく、変質しやすいので服用直前に開けます。
また服用方法も飲むのでは無く、舌の下に置いておくだけです。
舌下に置いておくとしばらくすると融けます。

このミニリンメルトOD錠、日本では出たばかりで薬の量の再調整が必要になるので
朝はミニリンメルトOD錠、夜は経鼻のデスモプレシンを使用してます。
いつも2か月おきの診察ですが、2週間後に様子見ため診察が追加されました。

今回こんな冊子が付いていました。
ミニリンメルトOD錠に付いていた冊子

これによると、薬は食事の影響を受けるらしく、食前30分、食後2時間は避けたほうが
良いらしいです。
なので朝はとりあえず起きたらすぐ飲むようにしました。

下垂体機能低下症について
中枢性尿崩症とは

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)