英語版のWordPressを後から日本語化する方法

 

今、MovableTypeのサイトをワードプレスに移行中なのですが
なんとダウンロードしたワードプレスをインストールしたら
英語版でした。
間違ってインストールしてしまった英語版のワードプレス

データベースなども設定してあるので再度アップロードするのも面倒なので
日本化する方法が見つかりましたので紹介します。

参考にしたのはこのサイト
既にインストールしてしまった英語版のWordPressを後から日本語化するには

インストール後に日本語化する方法

まず簡単に説明すると

  1. wp-config.phpの修正
  2. 言語ファイルのアップロード
  3. WP Multibyte Patchのインストール

3ステップです。

wp-config.phpの修正

まずはwp-config.phpの修正。
wp-config.phpはワードプレスをインストールしたフォルダ(ディレクトリー)
にあります。
データベースなどの設定が済んでいればwp-config.phpが出来ているはずです。
これをメモ帳やサクラエディタで開いて修正します、できれば行番号が表示される
のでサクラエディタがおススメです。

修正する個所はwp-config.php内

/**
* WordPress Localized Language, defaults to English.
*
* Change this to localize WordPress. A corresponding MO file for the chosen
* language must be installed to wp-content/languages. For example, install
* de_DE.mo to wp-content/languages and set WPLANG to ‘de_DE’ to enable German
* language support.
*/
define(‘WPLANG’, ”);
の72行目にあるdefine(‘WPLANG’, ”); を以下の様に修正します。

修正前
 define(‘WPLANG’, ”);

修正後
define(‘WPLANG’, ‘ja‘);

jaを追加します。
もしかしたら//が付いている場合は設定は無効になっているので
重複してないか確認の上//を消してください。

後はこの修正したファイルを元の場所に上書きアップロードすればOKです。

言語ファイルのアップロード

日本語版のワードプレスだと元々入っているのですが、
英語版は無いので言語ファイルをアップロードする必要があります。
言語ファイルはwp-contentフォルダ下、languagesに入れます。

言語ファイルはWordPress日本語版フル版をダウンロードして
取り出した方が早そうです。

zipを解凍して/wp-contents/を開いてlanguagesをコピーして
サーバーのwp-contentsにアップロードします。

ちゃんとアップロード出来ていればリロードするだけで日本語化出来ます。

WP Multibyte Patchのインストール

日本語化だけであれば不要ですが、文字化けなどの対策の為必要です。

本家版、日本語版 WordPress のマルチバイト文字の取り扱いに関する不具合の
累積的修正と強化を行うプラグインです。英語圏で作られた WordPress を
日本語環境で正しく動作させるために必要となる機能を網羅していますので、
なんらかの対策を行っていない場合は導入をおすすめします。

WP Multibyte Patchより

最近のワードプレスは要らないかなとも思いましたが、
最新版ワードプレス日本語版(wordpress-3.8.1-ja.zip)のpluginsフォルダを
見たらちゃんと入っていたので絶対入れた方が良いです!!

インストール方法はさっきダウンロードしたワードプレス日本語フル版の
/wp-contents/plugins/の中にあるwp-multibyte-patchフォルダを
サーバの/wp-contents/plugins/にアップロードして管理画面より
Wordpress の管理画面wp-multibyte-patchの有効化

有効化すれば完了です。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)