WordPressをローカルにインストールする方法

WordPressをWindows上にインストールする方法。
いよいよ最終段階です。

インストールするには

インストールするにはWordpressが動作する環境と
データベースが必要になります。

  1. Windows上に一気にLAMPWAMP環境を構築
  2. Wampサーバーでデータベースを作成する

以上の2点が必要です。

注意点

これはローカル専用です!インターネットやLANからアクセス出来ると
不正利用される可能性があるので注意。

後、WordPressのインストール画面でメールアドレスを登録しますが、
多くのプロバイダではOBP25Bと言ってメールの直送が出来ない仕組みに
なっているのでたぶんWordPressからのメールは届きません
よって、テスト用ですが、ユーザ名とパスワードはしっかり管理する様にしましょう。

メールが使えないのでメールにてパスワードをリセットする事が出来ません。
phpMyAdminで直接パスワードをいじる方法もあるみたいです。
WordPressのID・パスワードを忘れた場合のログイン方法

OBP25Bはスパムメール防止対策としてプロバイダの動的IPを有する
パソコンなどからサーバの25番ポートへの接続を出来なくします。
VPSや固定IP契約をしている場合は影響されないはずです。
詳しくはOutbound Port 25 Blocking

インストール方法

まずはWordpressをダウンロードします。
ダウンロードはWordPress日本語からダウンロードしてください。

ダウンロードしたワードプレスをWAMPのドキュメントルートに解凍します。
私の環境ではドキュメントルートはc:\wamp\www
だったので、そのままc:\wamp\www\wordpress
ドキュメントルート下にワードプレスフォルダをそのまま入れました。

この場合、ブラウザから表示するにはhttp://127.0.0.1/wordpress/となります。

前段の準備が出来ていて、正常に解凍できているなら
http://127.0.0.1/wordpress/にアクセスするとwp-config.phpが見つかりません。
と表示されます。

wp-config.phpが見つかりません。

表示されたなら、ApacheとPHPは正常に動作しています。
ここからデータベースの設定を進めます。

データベースの設定

WordPressの初期設定の説明

この画面では何も設定する事は無いので、
さあ、始めましょう!をクリックします。

ワードプレスのデータベース設定

ここで設定する項目、
データベース、前段階でデータベース名をwordpressとしたのでそのままでOKです。
ユーザー名はroot でパスワードはにして下さい。
データベースのホスト名はもちろんデフォルトのlocalhostのままで。
テーブル接頭語は1個のデータベースを複数のWordpressで使い回す時に
使用するので今回はそのままでOKです。

入力後、インストールを実行します。

ワードプレスインストール実行

何も、問題が発生しなければようこそと表示されブログやユーザー名、
パスワードなどの入力画面が出てきます。

Wordpressのようこそと表示されるブログ情報入力画面    

あとは画面に沿って入力していてばOKです。
ちなみに私のブログ名はテストログとしました。

以上でインストールは完了です。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)