データベース容量を2MB削減するのに使ったプラグイン3つ

2010年頃より、WordPressに移行したこのブログ。

約5年間データベースのメンテナンスは、ぜずに使っていました。

最近リビジョンも増えてきたので、
データベースのメンテナンスに取り掛かる事にしました。

WP-DBManager

WP-DBManagerは最適化も出来ますが、
データベースバックアップとリストアが出来るプラグインです。

データベースの最適化に失敗した時は、
このプラグインを使って元に戻します。

インストール時にMySQLへのパスなどの設定が必要ですが、
さくらのVPSにインストールした私の環境では自動検出でOKでした。

データベース最適化前に、
ここでデータベースのバックアップをする事を強くお勧めします。

Plugins Garbage Collector

プラグインを有効化すると、
日本語化されプラグイン・ゴミ・コレクターと表示されます。

このプラグインは削除したプラグインが残した、
データの削除が出来るプラグインです。

プラグインを有効化後、スキャンをすると使われていないと思われる
データベースのテーブルが出てきます。

ここでdeleted?などと表示されたテーブルなどを選択して、
Delete Tablesボタンで削除を行います。

WP-Optimize

リビジョンの削除など、データベースの最適化を行うプラグイン。

wp-opt0

 

使い方は赤字になっている所以外に、
チェックを入れPROCESSボタンをクリックします。

処理後、成功したらこの様に表示されます。

wp-opt1

成功した場合でも、必要なデータを消してしまっているかもしれないので
ブログの表示に異常は無いか確認しましょう。

異常がある場合は、WP-DBManagerでリストアします。

プラグイン使用後

プラグインは何かとメモリを喰うので、
これらのプラグインは使用後に無効化しました。

データベースは毎日早朝3時バックアップスクリプトで、
自宅サーバーにバックアップする様にしています。

データベース最適化前のデータベースサイズが22MB
最適化後のデータベースサイズが19.8MBと、2MBしか減りませんでした。

abコマンドなどでテストしましたが、早さは変わりませんでした。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)