このブログでも使っている賢威。

賢威(けんい)は、WEB制作チーム「WEBライダー」の代表取締役で
京都のSEOコンサルタント松尾茂起さんが開発したSEOテンプレート。

5.0まではMovable Type用のテンプレートもありましたが
6.2の現在はWordPressとHTML版のみ。

WordPress・HTML版は購入後にログイン出来るサポートページ
から利用出来る賢威6 テンプレートメーカーからダウンロードが可能です。

スポンサーリンク

賢威を使うメリット

まずはメリットから

SEO的にしっかりしたテンプレート

SEOテンプレートと言うだけあって良く作られたテンプレートです。

パンくずリストをプラグイン無しで表示したりなど、SEO的にはぬかりがありません。
WEBライダーで制作しているサイトは賢威をベースにしていると言われていて
実際この薬剤師マキの調剤なる日々のソースを見ると賢威のファイル配置になっています。

あと、デザインとレイアウトのCSSファイルが別れているので
レイアウトの変更などがしやすい、いじりやすいのだと思います。

賢威SEOマニュアル

現在では内的・外的SEOにわかれた賢威SEOマニュアル。
賢威の購入者はサポートページからダウンロード出来ます。

SEOマニュアル6.0では1章から5章に分かれていてページ数は281。

パンダアップロード・ペンギンアップデートにも対応した内容となっています。

サポートフォーラムが使える

サポートフォーラムではSEOフォーラム・WordPressフォーラム・初心者フォーラム
などがあり、フォーラム内で質問が出来ます。

SEO関係の質問ってなかなか出来る所が無いので
このフォーラムなら分からない事を聞く事が出来ます。

基本的には自分で検索などで調べてどうしても分からない
ことだけ質問する様にしましょう。

モバイル対応レスポンシブデザイン

最近はモバイル対応も大事。
【参考】モバイルフレンドリーかどうかは今はまだGoogleのランキング要因になっていない

現在はまだ、ランキング要素になっていませんがモバイル ユーザビリティ上の問題を
検出したサイトに警告を送ってきたので、将来的にはランキング要素にする様に思います。

そんな時に、手軽にモバイルに対応出来るレスポンシブデザインテンプレート
が便利です。

しかし、簡単には行かず表示崩れなども発生するので公開前にiPhoneなどで
表示テストすると良いと思います。

無償バージョンアップ

今後、この無償アップデートが続くかは分かりませんが6.2までは無償アップデート
です。

私が賢威を購入したのは2009年でその時は4.0でした。
現在は6.2ですが購入時以降無償でアップデートできました。

しかし、他の人に作ったサイトを譲渡したり、別の人のサイトを作る場合は
別途ライセンス料が必要になります。

賢威を使うデメリット

次にデメリット

基本的には中・上級者向け

HTML版はタグを直接編集する必要がありますし、
WordPress版はそのままだと色々要らない部分を消す必要があるので
ある程度の知識が必要です。

知識が無くても覚える気があれば良いと思います。

今までHTML関係の本は買った事はありませんが、
分からないタグなどはその場で検索すればどういった意味・動作をするのか分かる
のでソースをイジりながら覚えれると思います。

また、カスタマイズなどで分からない事はあればサポートフォーラムの
WordPressフォーラムなどで聞くのも良いと思います。

多くの人利用しているからデザインがカブる

公式サイトでは約1万人と書いてあるので、
特にアフィリエイト系のサイトだとカブる事が多いと思います。

なので、差別化をはかるにはカスタマイズは必要です。

このブログも元々は賢威6.2のコーポレート版

賢威6.2のコーポレート版のサンプル

元々はこんなページですが、PHPからCSSまでカスタマイズしまくって
現在に至ります。

特にフッターは余計なリンクを乗せず著作権表示だけに、
グローバルメニューは区切り線や幅などをカスタマイズしました。

アドセンスを記事中に表示する為に非公式プラグインを作ったりもしました。

後はモバイルとデスクトップの振り分けや
広告表示の振り分けなどで元よりもphpファイルが2つほど増えています。

賢威のカスタマイズにはChromeの要素を検証が活躍します。
色を変えるだけでも印象は変わります。

H1タグはページトップに

地味に邪魔なのがH1タグ。

賢威ではページの一番上にH1タグが表示される様になっていて
これが結構レイアウト変更の邪魔!

薬剤師マキの調剤なる日々では記事タイトルにH1タグが挿入されています。

このブログでこれを直すとすると現在の見出しタグをすべて直す必要があるので
結構面倒なので現在はこのままにしています。

賢威6.2では記事タイトルにはh2タグが設定されています。

まとめ

SEOに強いと言っても、すでに購入した人が1万人を超えているので
ジャンルによっては賢威で作ったサイトだらけとなってしまうかもしれません。

ただ、入れ物のテンプレートが良くても中身であるコンテンツがダメならダメ。
賢威の効果を生かすも殺すもコンテンツ次第です。

やっぱり、
フォーラムが利用出来る事は一番大きいと思います。
知恵袋などで聞いても分からない事でも、フォーラムであれば
ある程度の知識を持った人が居ると思うので、問題も解決しやすいと思います。

 賢威とSIRIUS(シリウス)

SIRIUS(シリウス)の起動表示

賢威はSEOテンプレートでありWordPressのテーマとして使うか
HTML版をテキストエディタなどで編集する必要があります。

複数ページを作ろうとすると結構、手間です。

シリウスはWindowsパソコンで動作するソフトで
比較的ページ数の少ないサイトの作成に向いていると思います。

ページ数が増えるとその分アップロードにも時間が掛かるので
ブログなどは賢威テンプレートを使ったWordpressが向いていると思います。

ペラサイト(1~10ページぐらい)を作るにはシリウスが良いと思います。
アップロードするのはhtmlなどのみでphpファイルなどは必要ありません。

ただ、ペラサイトはパンダアップデート以降は中々厳しいと思います。

シリウスはモバイル対応が標準中々では出来ないので、
今後のモバイル対応によっては作りなおそうかと思ってます。

純正じゃなけれな、レスポンシブテンプレートもある様です。
SIRIUSのレスポンシブウェブデザイン・テンプレートを公開

賢威のカスタマイズ記事

SEOテンプレート賢威のファビコンをカスタマイズする方法
ブラウザのタブに表示されるファビコンを変更する方法です。

賢威でYouTubeなどをスマホ画面内に収める方法
YouTube動画をブログにそのまま埋め込むとはみ出してしまいますが
画面に収める方法を紹介しています。

SEOテンプレート賢威で記事下にダブルレクタングルにする方法

このブログでもやっている(2015年2月現在)レクタングルを記事下の2つ並べて
表示する方法です。