今まで、PS Auto Sitemapというプラグインを使ってサイトマップを表示させていました。

記事数が多く、1200記事を超えているので1ページに張るリンクの数としては大きく
ページを分けるなどの対策がそろそろ必要になります。
【関連】記事の多くなったブログのHTMLサイトマップの改善

そこで今回は、サイトマップに
カテゴリー一覧とアーカイブ(年月)別を表示させる事でサイトマップとする事
にしました。

itb_sm

コピペでOK、固定ページにカテゴリーとアーカイブ一覧を表示する方法

今回は固定ページにカテゴリーとアーカイブを表示させます。
固定ページだと固定ページテンプレートが使えるので固定ページ内でphpによる
WordPress関数などが使えます。

基本的な方法は、このキーワードサジェストツールと同じです。
【関連】WordPressの固定ページにキーワードサジェストツールを設置してみた

まずは固定ページpage.phpをコピーしてファイル名を変更します。
固定ページテンプレートを有効にするには、固定ページのスラッグに合わせて
ファイル名を変更します。

いじって楽しむブログのサイトマップを例にすると
スラッグはsitemapsなので
固定ページテンプレート名はpage-sitemaps.phpとなります。

固定ページテンプレートの編集

固定ページテンプレートの編集はWindowsならサクラエディタなどのエディタを
使って編集してください。(Windows標準のメモ帳・notepad.exeはダメ)

この固定ページには何も表示されていませんが、
何か追加したい時にWeb上から編集できる様に本文部分は残しておきます。
今回は、本文の上にサイトマップを表示させたいので
<?php the_content(); ?>の直上に入れる事にしました。

賢威だと<!--本文-->と注釈もあるので分かりやすいです。

サイトマップ用のコード

記事数が多いのでカテゴリー・年月別のアーカイブ一覧を表示します。<br />

<h3>カテゴリー別</h3>
<?php $args = array(
'show_option_all' => '',
'orderby' => 'name',
'order' => 'ASC',
'style' => 'list',
'show_count' => 1,
'hide_empty' => 1,
'use_desc_for_title' => 1,
'child_of' => 0,
'feed' => '',
'feed_type' => '',
'feed_image' => '',
'exclude' => '',
'exclude_tree' => '',
'include' => '',
'hierarchical' => 1,
'title_li' => 0,
'show_option_none' => __( 'No categories' ),
'number' => null,
'echo' => 1,
'depth' => 0,
'current_category' => 0,
'pad_counts' => 0,
'taxonomy' => 'category',
'walker' => null
); ?>
<?php wp_list_categories( $args ); ?>

<h3>アーカイブ(年月別)</h3>
<?php
$args = array(
'type' => 'monthly',
'limit' => '',
'format' => 'html',
'before' => '',
'after' => '',
'show_post_count' => true,
'echo' => 1,
'order' => 'DESC'
);
wp_get_archives( $args );
?>

さよならPS Auto Sitemap

記事が少ないサイトやブログの場合、PS Auto Sitemapの方が良いと思います。

このブログは1200記事を超えたのでサイトマップを変更しました。

このサイトマップだとアーカイブにもリンクジュースを分配しますが
インデックスされるとカテゴリーと重複コンテンツとみなされる可能性があるので
アーカイブにはnoindexタグを設定しておくと良いと思います。
【関連】アーカイブにnoindex,follow metaタグを入れた

カテゴリーとアーカイブにはWordPressの関数を使用しました。
変更やカスタマイズなどはこちらが参考になると思います。
【関連】テンプレートタグ/wp list categories - WordPress Codex 日本語版
【関連】テンプレートタグ/wp get archives - WordPress Codex 日本語版

動作確認はWordPress 4.1でしています。