元々、とあるソフトを常時稼働させる為にノートパソコンをにWindows8を
入れていましたが、前々から8.1 にアップグレードできますよと
メッセージが表示されるのでアップグレードしました。

しかし、8.1にアップグレードした後、
リモートデスクトップに接続すると毎回ログイン画面が表示され、
今まで稼働していたソフトが動作していないことが分かりました。

8.1でRDPセッションが切れるとログオフされる現象

Windows8.1にしたらリモートデスクトップで勝手にログオフ・8.1のデスクトップ

 

今までは、リモートデスクトップの接続を切ってもログオンされた状態が維持されます。

なので、RDPセッションが切れてもソフトの稼働は維持されます。

しかし!
8.1にしてからはリモートデスクトップに接続する度にようこそ画面が表示され
前回まで動かしていたソフト、開いていたウィンドウは全て消えています。

どうも、8.1ではリモートデスクトップ接続を終了してRDPセッションが切れると
勝手にログオフされ編集中のファイルや稼働中のソフトは問答無用で終了されてしまいます。

対処法

これと言った対処法は無く、マイクロソフトのフォーラムでも
リモートデスクトップ切断時にログオフしないようにしたい - マイクロソフト コミュニティ

再インストールしてみれば、と言う感じ。

私の環境では8.1にアップデートしたばかりなのでたぶん再インストールしても
無駄だと思います。

フォーラムにあったログオフする設定はレジストリエディタで確認したら
ログオフする設定はありませんでした。

もしかしたら、WindowsUpdateなどが原因かもしれません。

あとがき

やっぱり、どうしようも無いのでMacのBootCampに入っていたWindows7をアンインストール
してリモートデスクトップ用のパソコンにインストールしようと思います。

このWindows7はパッケージ版なので再インストール自由です、たぶん。

それにしてもWindows8はクソOSです。