HDDのロード・アンロードとは

ロード・アンロード方式はハードディスクの
電源が切れる時にデータを読み書きするヘッドを、
プラッタの外に退避させます。
HDDによっては衝撃を受けた時に一時的に、
ヘッドを退避する物もあります。

この方式だと急に電源が切れてもすぐにヘッドが退避します。
(電源が切れる時にカコンという音がします。)

主に2.5インチのハードディスクでは、
ほとんど採用されています。
(ノートパソコンで使われてます。)
3.5インチではロード・アンロード方式は、
ほとんど採用されて無く、日立GST(HGST)のみが採用しています。

ロード・アンロード方式の他はCSS方式があります。
CSS方式はプラッタ(ディスク)の中心付近を使わずに、
中心付近のエリアをヘッドの離着陸場所として使用しています。

また、CSS方式の場合はパソコンの電源管理に注意が必要です。
私のパソコンはHGST製なのでロード・アンロード方式ですが、
電源の設定で10分おきに電源を切るように設定したあります。

ただし、CSS方式を採用しているHDDの場合は、
HDDの電源はつけっぱなしのほうがよいでしょう。
CSS方式の場合電源を切るたびヘッドが離着陸するため、
電源を切るたびヘッドが摩耗します。

私の使っているHDDはほとんどHGSTですが、
物理的に壊れたことはないんです。
FのHDDは最悪でした、店で激安!って書いてあっても
手は出しません。
最終的にはどのHDDも寿命があります。
SMART情報や不良セクタを時々見ましょう。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)