スポンサーリンク

使い捨てマスク、メガネを掛けている私はこのタイプのマスクを使っています。

このマスク薬局で買うのと、コンビニで買うのと値段がさほど変わらないので
コンビニで買っています。

しかし、買い忘れた時の為に再利用する為に調べる所
アルコール消毒すれば良いと書かれていました。

【参考】不織布のマスクは一日で使い捨てですが、 アルコ...

知恵袋の中には熱湯消毒と書かれている所もありましたが
熱湯消毒すると不織布で出来たマスクが溶ける可能性が
あるので使えません。

インフルエンザ・風邪の予防にマスク。イラストfromいらすとや

不織布製マスクは洗ってアルコール消毒

使ったマスクは口側の湿度が高く、雑菌も多少繁殖していると思います。
また、ツバもマスクに付着していると思うので、
アルコール消毒だけでは不十分だと思います。

インフルエンザウィルスはアルコールで不活性化(殺菌)しますが
ノロウィルスはアルコールの耐性があるのでアルコールだけでは
不活性化しない事がある様です。

そこで、水洗いをして付着している菌・ウィルスや唾液などを流して
マスクの裏面も表面も洗い流します。

その後、タオルなどで水分を絞って、乾燥させます。
乾燥後、アルコール消毒して消毒完了です。

再利用を避けた方が良い場合

マスクの溶着部分がとれた場合

マスクの溶着部分は外れるとマスクの密着性が
下がるのでマスクの効果が下がってしまいます。

溶着部分が外れた場合は素直に廃棄した方が良いでしょう。

インフルエンザ・ノロウィルスに罹患していた場合

ウィルスは水で洗い流しても、
残った場合乾燥時にウィルスが拡散してしまうかもしれません。

また、ノロウィルスにはアルコール消毒は効きにくい様です。

まとめ

基本的に使い捨てマスクなので、再利用は避けた方が良いです。

どうしても再利用した時は

  • 水洗い
  • アルコール消毒

を2つをすれば良いと思います。

何か感染性のある病気に罹患時に使ったマスク、
溶着部分が取れてしまったマスクは素直に捨てましょう。

風邪などの感染予防にはマスクも大事ですが、手洗いも大事です。

インフルエンザの季節も3月ぐらいまでなので
あと約2ヶ月マスク、手洗いなどで予防しましょう。

その後、花粉の季節も来るので私も含め花粉症の方は
マスクをする期間は延びます。

でも、いくら予防しても罹ってしまう時は掛かってしまいます。
高熱が出た場合はインフルエンザかもしれないので病気に行きましょう。