8月10日まで導入していたmilliard関連ページ。

記事下に記事と関連性のあるページへのリンクを
アイキャッチ画像付で表示してくれます。

記事下に表示していた関連記事をmilliard関連ページから
アドセンスの関連コンテンツに変更しました。

Milliardプラグインを止めた理由

理由は2つ

  • 記事公開時の読み込みが遅い
  • アドセンス関連コンテンツが良さそう

記事公開時の読み込みは、
公開ボタンを押した後中々読み込みが終わらない状態がたびたび発生しました。

よく見ると、ブラウザのステータスバーにshisuh.comを読み込んでいます
で止まっている事がありました。

この、shisuh.comはMilliardプラグイン開発元のドメイン。
記事公開時に開発元にアクセスしている様でした。

また、ロードアベレージも記事公開時に高くなる現象も発生していましたが
このプラグインが原因ではありませんでした。

アドセンス関連コンテンツは収益も発生するので
ページ単位広告の導入ついでに変更しました。

スポンサーリンク

アドセンス関連コンテンツの魅力

b.eax.jpポケモンGOの記事の関連コンテンツ

アドセンス関連コンテンツはアドセンスなので収益が発生する所。

関連コンテンツは誰でも使える分けでは無く
十分なコンテンツ量とある程度のアクセスが無いと使えません。

関連コンテンツには8項目表示されますが、
うち3つが広告となります。

広告にもアイキャッチ画像が表示されますが
しっかり「広告」と表示されています。

5つは自分のブログ内の関連性のある記事が表示されます。

単価は低いがクリック率が高い

関連性のあるリンクの近くにあるので
誤クリックもあるのかクリック率は他のアドセンスユニットと
比べると高いです。

ただし、誤クリックが影響しているのかは分かりませんが
クリック単価は低めです。

収益の柱に

クリック単価が低くても、クリック数が多いので
単価が低いのをカバーしています。

今月のこのブログの広告ユニット別の収益を見ると
一番収益の高いモバイル版記事下とほぼ同じ額の収益を上げています。

でも関連コンテンツは8月11日の設置なので
十分収益の柱となっています。

まとめ

モバイルで見た場合はmilliard関連ページの方がまとまりがあって
良かったです。

アドセンス関連コンテンツも、
もう少しカスタマイズが出来れば良いのですが
現在の所変えれるのは色とフォントぐらいです。

アドセンス関連コンテンツは定期的に勝手に審査されるので
いつ使える様になるかは分かりません。

定期的に審査されるため、基準をクリアすれば
使える様になるかもしれません。