低反発イヤーピースがセリアで売ってたので使ってみた

セリアで売っていた低反発イヤーピース。
低反発イヤーピースは耳栓でも使われる程、遮音性があります。

市販品は結構高い

イヤーピースを変えると、音質が変わると言う話を聞いていたので
イヤフォンを買った時に変えようかと思っていました。
【参考】 イヤーピースを変えたら、音質が激変するかもっ!

しかし、高いものだと3000円以上します。

また、イヤフォンによってサイズの違いがあり
間違って買ってしまうともったいないので純正のイヤーチップを使っていました。

セリアで売られていた、低反発イヤーピース

セリアで売られていたイヤホン専用低反発ウレタン製イヤーピースのパッケージ

2個入りで税別100円なので試しに買ってきました。

イヤフォンとのジョイント部は5.5mm~6mmのイヤフォンに対応。
外径は10.5mmです。

セリアで売られていたイヤホン専用低反発ウレタン製イヤーピースのパッケージの裏

販売しているのは株式会社アットキュー(at.Q)。
もちろん, MADE IN CHINAです。

MDR-XB50に付けてみた

約2年前に買ったソニーのMDR-XB50に取り付けてみました。

MDR-XB50に取り付けたセリアの低反発ウレタン製イヤーピース

イヤフォン本体は、カドの部分の塗装が擦れてしまっています。

イヤーピースのイヤフォンとの接続部分は固めになっているので
真っ直ぐ取り付けます。

取り付け時に多少変形しますが、ウレタンなので問題ありません。
時間が経てば元に戻ります。

使い方

使い方はイヤーピースを指などで押して外径を小さくします。
あとは、耳に入れるだけ。

耳に入れているとウレタンが元に戻ろうとするので耳の穴に密着します。

イヤフォンを外す時は、真っ直ぐ抜きます。

ただし、イヤフォンからイヤーピースが外れてしまった場合は
イヤーピースを耳の中に押し込まない様に注意して下さい。

イヤーピースはイヤフォンから外れやすい場合は寿命だそうです。

参考
【イヤホンのゴムにも寿命がある?】イヤーピースのおすすめや種類は?選ぶ時は遮音性とフィット感があるものを!

使った感想

特に音質に変化は無し。
でも、回りの音があまり気にならなくなりました。

元のイヤーピースよりは良い印象です。

回りの音も聞こえにくくなったので、
電車の中で使った時は音量を下げました。

遮音性が高いので、音漏れも少ないと思います。

あとがき

あとは、耐久性。

低反発ウレタンなので消耗品。
耳にイヤフォンを入れてから、ウレタンが元に戻ろうとする力が
弱まりイヤフォンの保持力や遮音性が低下します。

パッケージには水洗いはしないで下さいと書かれています。

なので1~2ヶ月ぐらい持てば良いからと思っています。

また、こういう商品はいきなり入って、突然無くなる事があるので
今度、買い溜めてておく予定です。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)