アマゾンのクロスカットシュレッダーAS662Cを買った

長年アイリスオーヤマのシュレッダーを使っていました。
数年前には電源コードの自己修理も行い何とか動いていました。

しかし、最近モーターから苦しそうな音がするので
そろそろ寿命かと思い新しいシュレッダーを購入しました。

アマゾンのクロスカットシュレッダーAS662C

今回、購入したのは
Amazonベーシック シュレッダー 6枚細断 クロスカット 14L。

本体がダストボックス内に入る様に梱包されていたので
届いた箱は小さめでした。

アマゾンのクロスカットシュレッダーAS662Cの箱を開けた所に入っている注意書き

品質的に一抹の不安

本体を取り出すと、何とダンボールの底にネジが……

本体のネジの付いていない穴に合わせても合わないので
違う所のネジ。

どういう管理をすればネジはダンボールに入るのか
不思議です。

注意書きには裁断検査をしたのでダストボックスに紙くずが
残っている場合があると書かれています。

ただ紙くずと言うよりは紙の粉の汚れ

クロスカットシュレッダーAS662C、ダストボックス内の汚れ

裁断検査は工場に検査用のダストボックスを用意しておけば
何度もゴミを捨てる必要も無いし、紙くずがダスト残る事は無いのに
こちらも不思議です。

クロスカットシュレッダーAS662Cはオーロラジャパンが製造

クロスカットシュレッダーAS662C本体の裏に貼られているシール

オーロラジャパンは台湾にある電卓など文具メーカーの日本支社。

オーロラジャパンで製造して、アマゾンベーシックとしてアマゾンで
販売している様です。
上のシールにも書かれていますが、中国製です。

実際、近くのホームセンターへ行ったらオーロラのシュレッダー
見た目ほぼ同じモノが置いてありました。

コピー用紙は6枚まで、クレジットカードは1枚まで裁断可能

ただし、コピー用紙とクレジットカードのみと書かれていますが
病院の薬の袋やら、通販の荷札なども裁断は出来ます。

荷札などは粘着が残っている場合や紙自体が薄いので
シュレッダーの刃に絡まって紙詰まりの原因になるかも。
この辺りは自己責任になるかもしれません。

連続稼働時間は3分と短めで、休止期間は30分。
これ以上連続稼働時間が長い機種にすると完全に業務用になります。

このシュレッダーは短冊に裁断するクロスカットシュレッダー。
裁断サイズが5.6mm×47.0mm。

縦方向のカットが5.6mmなので荷札の宛先などの小さな文字は
見えてしまうかもしれません。

まとめ

アマゾンベーシックのクロスカットシュレッダーAS662C

全体的には、今まで使っていたシュレッダーと変わりは無く
音は静かになりました。

この機種が静かなのか、元のシュレッダーが経年劣化で
うるさくなったのかは分かりません。

新品なのにダストボックスの内部が汚れているので
気になる人は止めた方が良いです。

シュレッダーは長い間使っていると音が大きくなって来ます

シュレッダー用オイルを挿す事で動作音も小さく、寿命も長くなります。

 

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)