ポップアイで治療していた白メダカは

めだかのたのしい飼い方
先日、ポップアイで治療をしていた白めだか。
グリーンFゴールドでポップアイの治療をしていた白めだか

治療には塩とグリーンFゴールドによる塩水浴と
薬浴を混合していました。
【関連】めだかの目が飛び出てしまう病気・ポップアイ

しかし、治療の甲斐もなく死にました。

やはりめだかは一度病気にかかってしまうと治すのは難しいようです。

なので日頃からメダカの様子を観察して動きがおかしかったり
あまり動かないメダカがいないかなど確認して
病気の早期発見出来る様にすると良いと思います。

また、めだかの場合は体が小さく体力が弱いので
病気の治療よりも環境を悪化させない事による病気の予防
病気が見つかってしまった場合は、すぐ隔離して感染拡大の防止
を出来る様にしたいですが、なかなか難しいです。
【関連】酷い水カビ病になって死んでしまったメダカの写真と治療法

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)