めだかのたのしい飼い方

メダカの飼育するときの理想的な水量はメダカ1匹に付き1リットル
と言われています。

特に屋外でフィルター無しで飼う場合にはこれぐらいの水量が
あった方が良いです。

また、夏場で睡蓮鉢で飼う場合、水量が少ないと急激に温度が上昇して
最悪、メダカが死にます。

睡蓮鉢など陶器の入れ物で飼うときは特に夏場は日陰に
睡蓮鉢を置いてください。

スポンサーリンク

置き場所によっては風呂の温度ぐらいまで上昇して全滅する
可能性があります。
何年か前これで稚魚が全滅しました。

どちらにしろ、
夏場は水量が多くても水温が上がるのですだれなどで対策
をした方が良いでしょう。
【関連】屋外水槽の緑水防止に効果があるすだれによる遮光

あと、屋内で飼う場合、水替えとフィルタを入れることで1リットルよりも
少なくても良いと思います。
でも理想は1リットルに1匹です。

あまり過密状態で飼うとストレスで病気になったりしやすいです。
繁殖を考えているなら1匹に対して1リットルの飼育水は必要だと思います。