雷サージ対策

最近、ゲリラ豪雨が多く、
突然の雷が多いと電化製品が心配になります。

そこで、自室内、パソコンやテレビなどには
雷サージ対応のタップを使っています。

LANにはLAN用のサージプロテクターを購入しました。

購入したLANコネクタ用のサージプロテクター

電源用のサージプロテクタはいろんなタイプがありますが、
サージプロテクタの正体はZNR(バリスタ)という素子です。

ZNR(バリスタ)にはバリスタ電圧があり、
バリスタ電圧以上は電圧が出ないように保護します。
ただし、ZNR(バリスタ)は想定以上のサージが侵入すると壊れて
導通状態になるのでヒューズが必要です。

市販品の場合サージによってZNR(バリスタ)
が破壊されるとヒューズが切れるのでバリスタに付いている
LEDが点かなくなります。

バリスタを利用したサージプロテクターの回路図

市販品同等の回路図

通常はZNR(バリスタ)は絶縁状態ですが、
定格を超えたサージが侵入すると壊れて導通のとなり
ヒューズが切れるので、LEDは点かなくなります。

ZNRのデータシートなどではのようになっています。

ヒューズがライン上にありますが、
私はコチラの方が良いと思います。
この場合、バリスタが破壊されるとヒューズが切れて
完全に電流を遮断します。
ただし、ヒューズの定格を通常の使用で超える場合は
上の回路図の方が良いです。

またアースが取れる場合は

アースで使用しているヒューズは通常の電流ヒューズでは無く
温度ヒューズ(100℃ぐらい)を使ってZNRに密着させます。

AC100Vの時はバリスタ電圧は200Vぐらいが使われている様です。
ヒューズは一般のタップが1200W程度なので1200W÷100Vで
12Aですが余裕をみて15から20Aのヒューズが良いと思います。
ただし、自作などされる場合は自己責任で行って下さい。

スポンサーリンク